ホーム > アルバム > 8.553994 F. ベンダ:ヴァイオリン協奏曲/J.A.ベンダ:ヴィオラ協奏曲(スーク/スーク室内管/ベンダ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553994
CD発売時期
2002年7月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ゲオルク・ベンダ Georg Benda , フランツ・ベンダ Franz Benda
編曲者
クリスティアン・ベンダ Christian Benda
アーティスト
ヨゼフ・スーク Josef Suk , スーク室内管弦楽団 Suk Chamber Orchestra , プラハ室内管弦楽団 Prague Chamber Orchestra , クリスティアン・ベンダ Christian Benda , Ariane Pfister-Benda

F. ベンダ:ヴァイオリン協奏曲/J.A.ベンダ:ヴィオラ協奏曲(スーク/スーク室内管/ベンダ)

BENDA, F.: Violin Concerto / BENDA, J. A.: Viola Concerto

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.553994

全トラック選択/解除

ゲオルク・ベンダ - Georg Benda (-1795)

**:**
ヴィオラ協奏曲 ヘ長調

Viola Concerto in F Major

録音: 25-28 January 1999, Lichtensteinpalast, Prague
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32571
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Largo
2.

-

**:**
»  III. Rondeau
3.

-

フランツ・ベンダ - Franz Benda (1709-1786)

**:**
ヴァイオリン協奏曲 変ホ長調

Violin Concerto in E-Flat Major

録音: 25-28 January 1999, Lichtensteinpalast, Prague
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32572
**:**
»  I. Allegretto
4.

-

**:**
»  II. Affettuoso ma non troppo. Lento
5.

-

**:**
»  III. Presto assai
6.

-

ゲオルク・ベンダ - Georg Benda (-1795)

**:**
Bendas Klagen (arr. C. Benda)
7.
録音: 9-10 November 1994, Chapel of the Brethren, Prague
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32573
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
17世紀生まれのヤン・イルジを祖とし、今日まで続くボヘミアの音楽一家、ベンダ・ファミリーが作曲、そして驚くべきは子孫たちが編曲・演奏に携わるという、弦楽器のための協奏曲集です。注目はヴィオラ協奏曲で、もともとこの楽器を独奏にする協奏曲が少ないので、この熟達した作品は歓迎。改めてヴィオラ独特の渋さに感じ入ってしまいます。エレガントに曲想が流れるヴァイオリン協奏曲に続いて、チェロを独奏楽器とする7は、老境を迎えて死期が近いことを悟りながら作曲されたのでしょう。ただ題名のイメージほどには暗くなく、むしろ後半の愉悦感に魅了されます。
レビュアー: Tossy 投稿日:2011/08/27
チェコのベンダ一族の作品を子孫に当たる音楽家たちが大御所の助太刀を得て演奏する心温まるアルバムです。その大御所とはヨゼフ・スークのことですが、残念ながら最近亡くなったというニュースが流れました。彼にはヴィオラ奏者としてスメタナカルテットに加わって演奏したモーツァルトの弦楽五重奏曲の録音もあり、ヴァイオリンばかりでなくヴィオラも超一流の腕前でした。彼がソロを弾くヴィオラ協奏曲が曲自体の出来もすばらしく、他の独奏者に比べやはり一枚も二枚も上である技量を聴かせてくれます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。