ホーム > アルバム > 8.554020 パデレフスキ:ピアノ協奏曲 イ短調/ポーランド幻想曲(フィアルコフスカ/ポーランド国立放送響/ヴィト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554020
CD発売時期
1999年9月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
イグナツィ・ヤン・パデレフスキ Ignacy Jan Paderewski
アーティスト
アントニ・ヴィト Antoni Wit , ジャニーナ・フィアルコフスカ Janina Fialkowska , ポーランド国立放送交響楽団 Polish National Radio Symphony Orchestra

パデレフスキ:ピアノ協奏曲 イ短調/ポーランド幻想曲(フィアルコフスカ/ポーランド国立放送響/ヴィト)

PADEREWSKI: Piano Concerto / Polish Fantasy

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.554020

全トラック選択/解除

イグナツィ・ヤン・パデレフスキ - Ignacy Jan Paderewski (1860-1941)

**:**
ピアノ協奏曲 イ短調 Op. 17

Piano Concerto in A Minor, Op. 17

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10276
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Romanza: Andante
2.

-

**:**
»  III. Allegro molto vivace
3.

-

 
**:**
創作主題によるポーランド幻想曲 Op. 19
4.

Fantaisie polonaise sur des themes originaux, Op. 19

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10274
 
**:**
序曲
5.

Overture

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10275
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 青眼白竜 投稿日:2009/04/23
一般には作曲者としてよりはショパンの楽譜校訂者として、あるいは政治家として有名なパデレフスキーですが、偉大なピアニストでもあった彼のピアニズムが凝縮したピアノ協奏曲 イ短調 Op. 17 です。あまりに耳になじみやすいが故に逆に評価されにくいのかもしれませんが、ショパン、ラフマニノフの音楽が好きな人は必ず隠れ名曲のひとつとしてこれを記憶する事になるでしょう。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
レシェティツキ門下の大ピアニスト、ポーランドの大統領に続くパデレフスキ第三の顔が、作曲家としての一面です。残念ながら彼の作品は、ピアノ独奏用の「ト調のメヌエット」以外は稀にしか演奏されませんが、それが大変な損失であることをこのピアノ協奏曲は教えてくれます。特にロマン派好き・ピアノ好きを自認される方には是非とも、この明快な旋律と均整の取れた和声感覚に貫かれ、華と叙情の双方に溢れた協奏曲を聴いていただきたいと願って止みません。特に第2楽章の胸に染み入るような旋律の味わいは格別で、その切々と訴えるかのような美しさは、あのラフマニノフ第2協奏曲の第2楽章と双璧といっても過言ではありません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。