ホーム > アルバム > 8.554056 ヴィヴァルディ:グローリア RV 589/J.S. バッハ:マニフィカート BWV 243 (ノーザン室内管/ウォード)

ヴィヴァルディ:グローリア RV 589/J.S. バッハ:マニフィカート BWV 243 (ノーザン室内管/ウォード)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554056
CD発売時期
1997年2月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
アントニオ・ヴィヴァルディ Antonio Vivaldi , ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach
作詞家
新約聖書 Bible - New Testament , ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
ニコラス・ウォード Nicholas Ward , スコラ・カントルム・オブ・オックスフォード Oxford Schola Cantorum , ノーザン室内管弦楽団 Northern Chamber Orchestra

ヴィヴァルディ:グローリア RV 589/J.S. バッハ:マニフィカート BWV 243 (ノーザン室内管/ウォード)

VIVALDI: Gloria / BACH: Magnificat

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.554056

全トラック選択/解除

アントニオ・ヴィヴァルディ - Antonio Vivaldi (1678-1741)

**:**
グローリア ニ長調 PV 589

Gloria in D Major, RV 589

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/16115
**:**
»  Gloria in excelsis Deo
1.

-

**:**
»  Et in terra pax
2.

-

**:**
»  Laudamus te
3.

-

**:**
»  Gratias agimus tibi
4.

-

**:**
»  Domine deus, Rex caelestis
5.

-

**:**
»  Domine Fili unigenite
6.

-

**:**
»  Domine Deus, Agnus Dei
7.

-

**:**
»  Qui tollis peccata mundi
8.

-

**:**
»  Qui sedes ad dexteram Patris
9.

-

**:**
»  Quoniam tu solus Sanctus
10.

-

**:**
»  Cum Sancto Spiritu
11.

-

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
マニフィカト ニ長調 BWV 243

Magnificat in D Major, BWV 243

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1164
**:**
»  Magnificat anima mea
12.

-

**:**
»  Et exultavit
13.

-

**:**
»  Quia respexit
14.

-

**:**
»  Omnes generationes
15.

-

**:**
»  Quia fecit mihi magna
16.

-

**:**
»  Et misericordia
17.

-

**:**
»  Fecit potentiam
18.

-

**:**
»  Deposuit potentes
19.

-

**:**
»  Esurientes
20.

-

**:**
»  Suscepit Israel
21.

-

**:**
»  Sicut locutus est
22.

-

**:**
»  Gloria Patri
23.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
「四季」を聞いてヴィヴァルディの音楽の快活さが好きになれそうな方なら、「グローリア」を聞かない手はありません。簡潔なのに印象的な冒頭は、一度聞いたら忘れられません。また、数多いバッハの声楽曲の中でも、冒頭でトランペットやティンパニが活躍する「マニフィカート」のネアカぶりは目立ちます。受難曲はもちろんいいけれど、たまにはこんなバッハも肩の力を抜いて楽しみましょう。この当然のようなカップリングのCDが意外と少ないのです。演奏するスコラ・カントルムの引き締まった合唱が見事です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。