ホーム > アルバム > 8.554093 バックス:交響曲第2番/交響詩「11月の森」(ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管/ロイド=ジョーンズ)

バックス:交響曲第2番/交響詩「11月の森」(ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管/ロイド=ジョーンズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554093
CD発売時期
1999年4月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アーノルド・バックス Arnold Bax
アーティスト
デイヴィッド・ロイド=ジョーンズ David Lloyd-Jones , ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団 Royal Scottish National Orchestra

バックス:交響曲第2番/交響詩「11月の森」(ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管/ロイド=ジョーンズ)

BAX: Symphony No. 2 / November Woods

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.554093

全トラック選択/解除

アーノルド・バックス - Arnold Bax (1883-1953)

**:**
交響曲第2番

Symphony No. 2

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1415
**:**
»  I. Molto moderato - Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Poco largamente - Allegro feroce - Molto largamente
3.

-

 
**:**
交響詩「11月の森」
4.

November Woods

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1414
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
交響詩「11月の森」(寂しい、彼の決して明るくなかった歩みを反映するのような音詩)のように、初期はドビュッシーあたりの影響が明らかな印象派風の音楽を書いていたバックスですが、交響曲第1、2番で彼の個性を確立したのです。遠い地響きのような神秘的サウンドで始まる第2番は、大管弦楽(オルガンも使用)の色彩感を武器に、ドラマティックで北欧、特にフィンランドの音楽を想起させるような厳しい作品に仕上がりました。両端楽章におけるオーケストラの咆哮は、近現代管弦楽曲ファンなら必聴です。録音の点でも優秀盤です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。