ホーム > アルバム > 8.554207 レーガー:オルガン作品集 3 - バッハ主題による幻想曲とフーガ Op. 46/12の小品集 Op. 59 (カイザー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554207
CD発売時期
2002年10月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
マックス・レーガー Max Reger
アーティスト
ハンス=ユルゲン・カイザー Hans-Jurgen Kaiser

レーガー:オルガン作品集 3 - バッハ主題による幻想曲とフーガ Op. 46/12の小品集 Op. 59 (カイザー)

REGER, M.: Organ Works, Vol. 3 - Fantasia and Fugue on the name of B-A-C-H / 12 Organ Pieces / Fantasia and Fugue in D Minor (H.-J. Kaiser)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.554207

全トラック選択/解除

マックス・レーガー - Max Reger (1873-1916)

**:**
B-A-C-Hの名による幻想曲とフーガ Op. 46

Fantasia and Fugue on the name of B-A-C-H, Op. 46

録音: October 1999, Fulda Cathedral, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34798
**:**
»  I. Fantasia
1.

-

**:**
»  II. Fugue
2.

-

 
**:**
12 Organ Pieces, Op. 59, Nos. 1 - 6

録音: October 1999, Fulda Cathedral, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34799
**:**
»  I. Praeludium
3.

-

**:**
»  II. Pastorale
4.

-

**:**
»  III. Intermezzo
5.

-

**:**
»  IV. Kanon
6.

-

**:**
»  V. Toccata in D Minor
7.

-

**:**
»  VI. Fugue in D Major
8.

-

 
**:**
幻想曲とフーガ ニ短調 Op. 135b

Fantasia and Fugue in D Minor, Op. 135b

録音: October 1999, Fulda Cathedral, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34800
**:**
»  I. Fantasia
9.

-

**:**
»  II. Fugue
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
この偉大極まりない先達へのオマージュとして、バッハの名前(BACH)をドイツ語表記での音名に読み替えた「変ロ-イ-ハ-ロ」を用いた楽曲は、様々な作曲家によって作曲されており、もはや規定種目のような様相すら呈しています。オルガン音楽に並々ならぬ情熱を燃やしたレーガーが、この種目に挑まないわけもなく、2本の手と足が縦横無尽に鍵盤を駆けめぐる名人芸的な大作「BACHの主題による幻想曲とフーガ」が誕生することとなりました。お得意の、複雑な対位法と半音階的和声とが織り込まれた荘厳な響きからは、レーガーのオルガン音楽にかける自負が聴こえてくるような気すらします。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。