ホーム > アルバム > 8.554222 イベール:寄港地/ディヴェルティメント/海の交響曲(コンセール・ラムルー管/佐渡裕)

イベール:寄港地/ディヴェルティメント/海の交響曲(コンセール・ラムルー管/佐渡裕)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554222
CD発売時期
2000年7月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ジャック・イベール Jacques Ibert
アーティスト
コンセール・ラムルー管弦楽団 Lamoureux Concerts Orchestra , 佐渡裕 Yutaka Sado

イベール:寄港地/ディヴェルティメント/海の交響曲(コンセール・ラムルー管/佐渡裕)

IBERT: Escales / Divertissement / Symphonie marine

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.554222

全トラック選択/解除

ジャック・イベール - Jacques Ibert (1890-1962)

**:**
バッカナール
1.

Bacchanale

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/17044
 
**:**
ディヴェルティメント

Divertissement

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/17045
**:**
»  Introduction
2.

-

**:**
»  Cortege
3.

-

**:**
»  Nocturne
4.

-

**:**
»  Valse
5.

-

**:**
»  Parade
6.

-

**:**
»  Finale
7.

-

 
**:**
祝典序曲
8.

Ouverture de fete

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/17046
 
**:**
海の交響曲
9.

Symphonie marine

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/17047
 
**:**
寄港地

Escales

録音: 29-30 April 1996, Salle Pleyel, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/17048
**:**
»  Rome - Palerme
10.

-

**:**
»  Tunis - Nefta
11.

-

**:**
»  Valencia
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 山尾敦史 投稿日:2008/08/28
佐渡裕+手兵のラムルー管による1996年録音の「自慢作」(佐渡コメント)。吹奏楽界でも大人気の「寄港地」ほか、有名オーケストラ曲をほぼ網羅し、これだけで満足できる選曲。日本の祝典儀式のために作曲された「祝典序曲」、海洋映画の音楽をベースにしている「海の交響曲」、チャップリン映画のような楽しさいっぱいの「ディヴェルティメント」など、カラフルな音楽が並びます。
レビュアー: 俵孝太郎 投稿日:2009/05/15
佐渡の最初で、率直にいっていままでのところ最善のレコード。イベールの管弦楽曲の録音は数々あるが、フランス近代名曲集やプロムナード・コンサートのライヴなどに分散していて、これだけまとまって入っているのは少ない。特に「祝典序曲」や「海の交響曲」は録音が少なく、文献的にも貴重。「嬉遊曲」はオリジナルの室内オケできちんとやっているが、その分、洒落っ気にはやや乏しい。
レビュアー: yasu 投稿日:2009/08/13
長寿クラシック音楽番組「題名のない音楽会」で司会を務める指揮者、佐渡裕氏によるイベール作品集。イベールというと寄港地、フルート、サクソフォンのための協奏曲などで吹奏楽関係者には馴染みが深いでしょう。しかし、イベールの作品だけがまとまって収録されているCDというのはかなり珍しく、佐渡氏自身も「自慢作」としているほどです。同時代のフランス6人組に負けず劣らない、色彩豊かな魅力あふれる作品が揃っています。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ラムルー管弦楽団を初めて僕が指揮をしたのは、93年の1月だった。そして僕らは恋に落ちた。その後すぐに僕の就任が決まり、すでにこのオーケストラのシェフとして、5年目のシーズンを勤めている。僕たちは、僕らがベルリンフィルでない事も、パリ管でない事も、よーくわかっている。そして、僕らがラムルーである事に大きな誇りを持っている。なぜなら、2300人も収容できる僕らの本拠地「サールプレイエル」で、毎回満員の聴衆を熱狂に追い込む事ができるのは僕らだけだからだ!フランスで120年を超える歴史のあるオーケストラと、京都代表の若い指揮者が力を合わせて作ったこのCD、僕らにとって「自信作」?いやいや、思いっきり「自慢作」です!
レビュアー: yasu 投稿日:2012/02/06
イベール没後50年!長寿クラシック音楽番組「題名のない音楽会」で司会を務める指揮者、佐渡裕氏によるイベール作品集。イベールというと寄港地、フルート、サクソフォンのための協奏曲などで吹奏楽関係者には馴染みが深いでしょう。しかし、イベールの作品だけがまとまって収録されているCDというのはかなり珍しく、佐渡氏自身も「自慢作」としているほどです。同時代のフランス6人組に負けず劣らない、色彩豊かな魅力あふれる作品が揃っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。