ホーム > アルバム > 8.554274 モーツァルト:ピアノ四重奏曲第1番、第2番(メニューイン・フェスティバル・ピアノ四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554274
CD発売時期
1998年9月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
アーティスト
メニューイン・フェスティバル・ピアノ四重奏団 Menuhin Festival Piano Quartet

モーツァルト:ピアノ四重奏曲第1番、第2番(メニューイン・フェスティバル・ピアノ四重奏団)

MOZART: Piano Quartets, K. 478 and K. 493

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.554274

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
ピアノ四重奏曲第1番 ト短調 K. 478

Piano Quartet in G Minor, K. 478

録音: 1-3 June 1997, Clara-Wieck Auditorium, Sandhausen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9811
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro moderato
3.

-

 
**:**
ピアノ四重奏曲第2番 変ホ長調 K. 493

Piano Quartet in E-Flat Major, K. 493

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9812
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Larghetto
5.

-

**:**
»  III. Allegretto
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
たった2曲しかないのが、残念としかいいようのないモーツァルトのピアノ四重奏曲は、華やかさと同時に深い味わいにも事欠かない超名曲といえましょう。まず第1番の第1楽章はト短調! モーツァルトにとって「宿命的」ともいわれる調性をとっており、決然とした悲愴味が格好良すぎるほどにキマッています。また対照的にト長調をとる、第3楽章のそれこそ跳ね回るような明るさも大変に魅力的です。第2番になると嬉遊的性格はさらに強まり、ピアノパートもいよいよ華麗さを増した大活躍を見せ、室内楽曲とピアノ協奏曲のいいとこ取りといった感もある、華やかな音楽となっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。