ホーム > アルバム > 8.554283 ルトスワフスキ:管弦楽曲集 - 6 交響曲第1番/歌の花と歌のお話(ポーランド国立放送響/ヴィト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554283
CD発売時期
1999年4月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヴィトルト・ルトスワフスキ Witold Lutosławski
作詞家
ロベール・デスノス Robert Desnos , 伝承 Traditional
アーティスト
アントニ・ヴィト Antoni Wit , オルガ・パシェチニク Olga Pasichnyk , ポーランド国立放送交響楽団 Polish National Radio Symphony Orchestra

ルトスワフスキ:管弦楽曲集 - 6 交響曲第1番/歌の花と歌のお話(ポーランド国立放送響/ヴィト)

LUTOSLAWSKI, W.: Symphony No. 1 / Chantefleurs et Chantefables (Pasichnyk, Polish National Radio Symphony, Wit)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.554283

全トラック選択/解除

ヴィトルト・ルトスワフスキ - Witold Lutosławski (1913-1994)

**:**
交響曲第1番

Symphony No. 1

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8511
**:**
»  Allegro giusto
1.

-

**:**
»  Poco adagio
2.

-

**:**
»  Allegretto misterioso
3.

-

**:**
»  Allegro vivace
4.

-

 
**:**
シロンスクの3章

Silesian Triptych

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8510
**:**
»  Oj, mi sie owiesek
5.

-

**:**
»  Ich, w tej studni
6.

-

**:**
»  Kukuleczka kuka
7.

-

 
**:**
ヴェネツィアの遊び

Jeux venetiens

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8508
**:**
»  Part I
8.

-

**:**
»  Part II
9.

-

**:**
»  Part III
10.

-

**:**
»  Part IV
11.

-

 
**:**
歌の花と歌のお話

Chantefleurs et Chantefables

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8506
**:**
»  I La belle-de-nuit (The Marvel of Peru)
12.

-

**:**
»  II La sauterelle (The Grasshopper)
13.

-

**:**
»  III La veronique (The Speedwell)
14.

-

**:**
»  IV L' eglantine, l' aubepine et la glycine (The Wild Rose, the Hawthorn and the Wisteria)
15.

-

**:**
»  V La tortue ( The Tortoise)
16.

-

**:**
»  VI La rose (The Rose)
17.

-

**:**
»  VII L' alligator (The Alligator)
18.

-

**:**
»  VIII L' angelique (The Angelica)
19.

-

**:**
»  IX Le papillon (The Butterfly)
20.

-

 
**:**
Postludium I
21.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8509
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ナクソスのルトスワフスキ管弦楽曲集は正にスグレモノです。1.曲が凄い。調性が無い現代音楽だけはご勘弁という貴方でも、何か感じる不思議な魅力。当盤の収録曲は、初期の交響曲第1番(冒頭一発カマします、音量注意)から晩年の「歌の花と歌のお話」(各曲の題名が興味をそそリます。歌手の透明な声にも注目)まで作曲年代が半世紀に及びますが、常に新しい工夫があります。2.演奏が凄い。作曲者自作自演盤もある中で、作曲者の国の演奏家達の熱演も負けず劣らずの出来ばえ、聴き逃せません。3.嬉しいナクソス価格。これがこのお値段で楽しめるとは!

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。