ホーム > アルバム > 8.554310 ヴィヴァルディ:ドレスデン協奏曲集 4 (アカデミア・イ・フィラルモニチ/マルティーニ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554310
CD発売時期
1999年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
アントニオ・ヴィヴァルディ Antonio Vivaldi
アーティスト
アカデミア・イ・フィラルモニチ Accademia I Filarmonici , アルベルト・マルティーニ Alberto Martini , クリスティアーノ・ロッシ Cristiano Rossi

ヴィヴァルディ:ドレスデン協奏曲集 4 (アカデミア・イ・フィラルモニチ/マルティーニ)

VIVALDI: Dresden Concertos, Vol. 4

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.554310

全トラック選択/解除

アントニオ・ヴィヴァルディ - Antonio Vivaldi (1678-1741)

**:**
ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 RV 240

Violin Concerto in D Minor, RV 240

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/16120
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Largo
2.

-

**:**
»  III. Allegro
3.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 ロ短調 RV 388

Violin Concerto in B Minor, RV 388

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/16123
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Largo
5.

-

**:**
»  III. Allegro
6.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 変ホ長調 RV 260

Violin Concerto in E-Flat Major, RV 260

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/16121
**:**
»  I. Allegro
7.

-

**:**
»  II. Adagio
8.

-

**:**
»  III. Allegro
9.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 イ長調 RV 344

Violin Concerto in A Major, RV 344

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/16122
**:**
»  I. Allegro
10.

-

**:**
»  II. Largo
11.

-

**:**
»  III. Allegro
12.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 RV 224

Violin Concerto in D Major, RV 224

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/16119
**:**
»  I. (Allegro)
13.

-

**:**
»  II. Largo
14.

-

**:**
»  III. Allegro
15.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 RV 219

Violin Concerto in D Major, RV 219

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/16118
**:**
»  I. Allegro
16.

-

**:**
»  II. Largo
17.

-

**:**
»  III. Allegro
18.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 RV 213

Violin Concerto in D Major, RV 213

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/16117
**:**
»  I. Allegro
19.

-

**:**
»  II. Largo
20.

-

**:**
»  III. Allegro
21.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
ヴィヴァルディとドレスデンのヴァイオリン奏者との交流が生んだヴァイオリン協奏曲群、まだ続きます。急緩急の構成はどれも同じで飽きそうなものですが、相変わらずどこをとっても爽快なこと極まりなし、これはもう驚きを通り越して呆れるしかないでしょう。ロ短調の両端楽章の主題など、分散和音やってるだけなのに何故か印象的。当盤の後半はたまたまニ長調が3曲続きますが、急速楽章が絶好調で最後まで耳が離せません。生演奏で協奏曲を7曲続けて演奏したがるソリストは想像できないので、CDだけの快楽がここにあります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。