ホーム > アルバム > 8.554325 ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲/チェロ協奏曲(ドン=スク・カン/ティム・ヒュー/ダニエル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554325
CD発売時期
1999年8月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ウィリアム・ウォルトン William Walton
アーティスト
イングリッシュ・ノーザン・フィルハーモニア English Northern Philharmonia , ドン=スク・カン Dong-Suk Kang , ポール・ダニエル Paul Daniel , ティム・ヒュー Tim Hugh

ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲/チェロ協奏曲(ドン=スク・カン/ティム・ヒュー/ダニエル)

WALTON: Violin Concerto / Cello Concerto

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.554325

全トラック選択/解除

ウィリアム・ウォルトン - William Walton (1902-1983)

**:**
ヴァイオリン協奏曲

Violin Concerto

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/16387
**:**
»  Andante tranquillo
1.

-

**:**
»  Presto capriccioso alla napolitana
2.

-

**:**
»  Vivace
3.

-

 
**:**
チェロ協奏曲

Cello Concerto

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/16386
**:**
»  Moderato
4.

-

**:**
»  Allegro
5.

-

**:**
»  Lento - Tema ed improvvisazioni
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ウォルトンのヴァイオリンとチェロの両協奏曲は、それぞれの楽器で20世紀を代表する大演奏家であるハイフェッツとピアティゴルスキーのために作曲されたものだけあって、楽器の能力を最大限生かした大変な力作です。それだけに技巧的なパッセージの難度には凄まじいものがありますし、さらにはウォルトンのオーケストラ書法が極めて充実しているため、音楽としてはかなり大仕掛けな部類のものといえましょう。しかし一聴してわかるように、楽曲全体は華やかさよりもむしろメランコリックな色が支配的で、いかにもイギリス紳士の手による、アダルトな雰囲気の漂う音楽となっており、聴けば聴くほど味のある逸品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。