ホーム > アルバム > 8.554396 パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第3番、第4番(ロージャ/スロヴァキア放送響/ディトリッヒ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554396
CD発売時期
2001年2月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ニコロ・パガニーニ Niccolò Paganini
アーティスト
スロヴァキア放送交響楽団 Slovak Radio Symphony Orchestra , ミハエル・ディトリッヒ Michael Dittrich , エルネ・ロージャ Erno Rozsa

パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第3番、第4番(ロージャ/スロヴァキア放送響/ディトリッヒ)

PAGANINI, N.: Violin Concertos Nos. 3 and 4 (Rozsa, Slovak Radio Symphony, Dittrich)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.554396

全トラック選択/解除

ニコロ・パガニーニ - Niccolò Paganini (1782-1840)

**:**
ヴァイオリン協奏曲第3番 ホ長調

Violin Concerto No. 3 in E Major, MS 50

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/20767
**:**
»  I. Andantino - Allegro marziale
1.

-

**:**
»  II. Adagio, cantabile spianato
2.

-

**:**
»  III. Polacca: Andantino vivace
3.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ短調

Violin Concerto No. 4 in D Minor, MS 60

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/20768
**:**
»  I. Allegro maestoso
4.

-

**:**
»  II. Adagio flebile con sentimento
5.

-

**:**
»  III. Rondo galante: Andantino gaio
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
いかにもイタリア的な明るく美しくよく歌うメロディーと、重音・ハーモニックス・投弓・左手のピツィカートの惜しげもない(というか、これでもかといわんばかりの)超絶技巧の洪水を開陳するパガニーニの協奏曲2曲です。どこまでもネアカなこの2曲、確かに同工異曲の感は無きにしも非ずですが、いずれともに第1級のエンタテーメントであることは間違いありません。底抜けに明るい代3番、ときに憂いの色も聴かせる第4番、当盤はこの2曲の省略なしの世界初録音となります。また独奏者のロージャが自作のカデンツァを披露していますが、いずれもかなりの規模をもつ力作で、本編に負けじと次々にハイテクニックを繰り出しており、これも聴きどころとなっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。