ホーム > アルバム > 8.554448 モンポウ:ピアノ作品集 2 - 12の前奏曲/郊外/魔法の歌(マソ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554448
CD発売時期
1999年9月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
フェデリコ・モンポウ Federico Mompou
アーティスト
ホルディ・マソ Jordi Masó

モンポウ:ピアノ作品集 2 - 12の前奏曲/郊外/魔法の歌(マソ)

MOMPOU, F.: Piano Music, Vol. 2 (Maso) - 12 Preludes / Suburbis / Cants magics

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.554448

全トラック選択/解除

フェデリコ・モンポウ - Federico Mompou (1893-1987)

**:**
12の前奏曲

12 Preludes

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9256
**:**
»  Prelude No. 1
1.

-

**:**
»  Prelude No. 2
2.

-

**:**
»  Prelude No. 3
3.

-

**:**
»  Prelude No. 4
4.

-

**:**
»  Prelude No. 5
5.

-

**:**
»  Prelude No. 6, 'Pour la main gauche'
6.

-

**:**
»  Prelude No. 7, 'Palmier d' etoiles'
7.

-

**:**
»  Prelude No. 8
8.

-

**:**
»  Prelude No. 9
9.

-

**:**
»  Prelude No. 10
10.

-

**:**
»  Prelude No. 11
11.

-

**:**
»  Prelude No. 12
12.

-

 
**:**
郊外

Suburbis

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9262
**:**
»  El carrer, el guitarrista i el vell cavall
13.

-

**:**
»  Gitanes I
14.

-

**:**
»  Gitanes II
15.

-

**:**
»  La cegueta
16.

-

**:**
»  L' home de l' aristo
17.

-

 
**:**
Dialogues

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9260
**:**
»  Dialogue I
18.

-

**:**
»  Dialogue II
19.

-

 
**:**
魔法の歌

Cants magics

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9258
**:**
»  Energic
20.

-

**:**
»  Obscur
21.

-

**:**
»  Profound - lent
22.

-

**:**
»  Misterios
23.

-

**:**
»  Calma
24.

-

 
**:**
子守歌
25.

Chanson de berceau

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9259
 
**:**
遠い日の祭り

Fetes lointaines

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9261
**:**
»  I Calme
26.

-

**:**
»  II Vif
27.

-

**:**
»  III Rythme
28.

-

**:**
»  IV Vif
29.

-

**:**
»  V Lentement
30.

-

**:**
»  VI Vif
31.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
どの曲もたった数分という短さ、そしてそこに込められた果てしなく深い情感と、モンポウのピアノ曲には敢えていうなら「侘び寂び」の境地とか、短歌や俳句の凝縮された世界を想い起こさせるものがあるような気がします。そしてこの溢れんばかりの哀感を表出する礎となっているのが、鋭敏なピアノという楽器に対する感覚です。絢爛たる超絶技巧とはあまり縁がありませんが、ドビュッシーやラヴェルの影響を受けつつも、独自の完成を見せた微に入り細を穿つピアノ書法は洗練の極みといってよいでしょう。例えば前奏曲第7番や「郊外」の第1曲で、キラキラと振りまかれる細かな音型などの美しさといったら!
レビュアー: apo2 投稿日:2012/01/11
抑制の効いた短く深い情感を湛えるモンポウの作品群。坂本龍一氏のcommons:scolaの10巻目発表試聴会で紹介されたので気になって聴いてみました。ドビッシーの影響を感じるものもありますが独特の書法が洗練されていて聴き手を惹きつけます。お気に入りの作曲家をみつけたとNMLに感謝しつつ、聴いています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。