ホーム > アルバム > 8.554480 リスト:ピアノ曲全集 12 - ハンガリー狂詩曲 1 (第1番 - 第9番)(ヤンドー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554480
CD発売時期
1999年4月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
フランツ・リスト Franz Liszt
アーティスト
イェネ・ヤンドー Jenő Jandó

リスト:ピアノ曲全集 12 - ハンガリー狂詩曲 1 (第1番 - 第9番)(ヤンドー)

LISZT, F.: Hungarian Rhapsodies, Vol. 1 (Liszt Complete Piano Music, Vol. 12) (Jandó)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.554480

全トラック選択/解除

フランツ・リスト - Franz Liszt (1811-1886)

**:**
19のハンガリー狂詩曲 S244/R106 - 第1番 ホ長調
1.

19 Hungarian Rhapsodies, S244/R106: No. 1 in E Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8343
 
**:**
19のハンガリー狂詩曲 S244/R106 - 第2番 嬰ハ短調
2.

19 Hungarian Rhapsodies, S244/R106: No. 2 in C-Sharp Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8344
 
**:**
19のハンガリー狂詩曲 S244/R106 - 第3番 変ロ長調
3.

19 Hungarian Rhapsodies, S244/R106: No. 3 in B-Flat Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8345
 
**:**
19のハンガリー狂詩曲 S244/R106 - 第4番 変ホ長調
4.

19 Hungarian Rhapsodies, S244/R106: No. 4 in E-Flat Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8346
 
**:**
19のハンガリー狂詩曲 S244/R106 - 第5番 ホ短調 「悲しい英雄物語」
5.

19 Hungarian Rhapsodies, S244/R106: No. 5 in E Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8347
 
**:**
19のハンガリー狂詩曲 S244/R106 - 第6番 変ニ長調
6.

19 Hungarian Rhapsodies, S244/R106: No. 6 in D-Flat Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8348
 
**:**
19のハンガリー狂詩曲 S244/R106 - 第7番 ニ短調
7.

19 Hungarian Rhapsodies, S244/R106: No. 7 in D Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8349
 
**:**
19のハンガリー狂詩曲 S244/R106 - 第8番 嬰ヘ短調
8.

19 Hungarian Rhapsodies, S244/R106: No. 8 in F-Sharp Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8350
 
**:**
19のハンガリー狂詩曲 S244/R106 - 第9番 変ホ長調 「ペシュトの謝肉祭」
9.

19 Hungarian Rhapsodies, S244/R106: No. 9 in E-Flat Major, "Pesther Carneval"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8351
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
既存の素材を換骨奪胎して、新しい音楽を創造することにかけては超絶的天才であったリストが、祖国の民族色豊かな旋律を用いて作曲したのが「ハンガリー狂詩曲」です。大半の曲はメランコリックでスローなラッサン部と、情熱的で急速なフリスカ部の2部からなりますが、いずれの部でも高度なピアノ技巧が満載されていることはいうまでもありません。さて当盤では楽曲の面白さとともに、ハンガリー出身のヤンドーの演奏も大変注目されます。ときにはリストの楽譜以上に分厚い重低音を炸裂させる骨太の大熱演は、聴くものの胸にグッと迫ってくるものがあります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。