ホーム > アルバム > 8.554491 ペンデレツキ:管弦楽曲集1 - 交響曲第3番/広島の犠牲者に捧げる哀歌(ポーランド国立放送響/ヴィト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554491
CD発売時期
1999年6月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
クシシュトフ・ペンデレツキ Krzysztof Penderecki
アーティスト
アントニ・ヴィト Antoni Wit , ポーランド国立放送交響楽団 Polish National Radio Symphony Orchestra

ペンデレツキ:管弦楽曲集1 - 交響曲第3番/広島の犠牲者に捧げる哀歌(ポーランド国立放送響/ヴィト)

PENDERECKI, K.: Symphony No. 3 / Threnody (Polish National Radio Symphony, Wit)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.554491

全トラック選択/解除

クシシュトフ・ペンデレツキ - Krzysztof Penderecki (1933-)

**:**
交響曲第3番

Symphony No. 3

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10397
**:**
»  Andante con noto
1.

-

**:**
»  Allegro con brio
2.

-

**:**
»  Adagio
3.

-

**:**
»  Passacaglia - Allegro moderato
4.

-

**:**
»  Vivace
5.

-

 
**:**
広島の犠牲者に捧げる哀歌
6.

Tren (Threnody), "To the Victims of Hiroshima"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10398
 
**:**
Fluorescences
7.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10396
 
**:**
De natura sonoris II
8.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10395
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
この音楽の恐ろしいまでの悲痛さを何と表現したらよいのでしょうか?弦楽オーケストラのための「広島の犠牲者に捧げる哀歌」はまさに阿鼻叫喚、20世紀最悪の地獄絵図を雑音をたてるなどの特殊奏法や、集団によるクラスター、グリッサンドといった技法を大胆に駆使することによって描きつくした究極の音楽です。実のところ当初ペンデレツキは、抽象的なタイトルを与えることを想定してこの作品の創作に当たったということですが、できあがってみてビックリ、余りにおどろおどろしい音楽となっていたため現行のタイトルとなったという裏話もあるようですが、この凄まじさはホンモノです。心臓に悪い一曲ですので、十分に覚悟を決めてお聴きになられてください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。