ホーム > アルバム > 8.554657 ポッパー:ロマンティック・チェロ曲集(クリーゲル/ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア/マルクソン)

ポッパー:ロマンティック・チェロ曲集(クリーゲル/ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア/マルクソン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554657
CD発売時期
2001年2月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ダーヴィト・ポッパー David Popper
編曲者
ピーター・ブレイナー Peter Breiner
アーティスト
マリア・クリーゲル Maria Kliegel , キャロライン・スティンソン Caroline Stinson , ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア Nicolaus Esterházy Sinfonia , ゲルハルト・マルクソン Gerhard Markson , ヨハン・ルートヴィヒ Johann Ludwig

ポッパー:ロマンティック・チェロ曲集(クリーゲル/ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア/マルクソン)

POPPER: Romantic Cello Showpieces

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.554657

全トラック選択/解除

ダーヴィト・ポッパー - David Popper (1843-1913)

**:**
森にて Op. 50

Im Walde, Op. 50

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23088
**:**
»  I. Eintritt (Entrance)
1.

-

**:**
»  II. Gnomentanz (Gnome's Dance)
2.

-

**:**
»  III. Andacht (Devotion)
3.

-

**:**
»  IV. Reigen (Round Dance)
4.

-

**:**
»  V. Herbstblume (Autumn Flower)
5.

-

**:**
»  VI. Heimkehr (Homecoming)
6.

-

 
**:**
いつかの美しいあの日のように Op. 64, No. 1
7.

Wie einst in schöner'n Tagen (Once in Fairer Days), Op. 64, No. 1

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23089
 
**:**
ガヴォット Op. 67 No. 2
8.

Gavotte, Op. 67, No. 2

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23090
 
**:**
Papillon, Op. 3, No. 4
9.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23091
 
**:**
3台のチェロと管弦楽のためのレクイエム Op. 66
10.

Requiem, Op. 66

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23092
 
**:**
Serenade (Spanish Dance), Op. 54, No. 1
11.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23093
 
**:**
Vito, Op. 54, No. 5
12.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23094
 
**:**
子守歌
13.

Wiegenlied, Op. 64, No. 3

録音: 10-14 May 1999, Phoenix Studio, Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23095
 
**:**
Spinnlied, Op. 55, No. 1
14.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23096
 
**:**
ハンガリー狂詩曲 Op. 68
15.

Ungarische Rhapsodie, Op. 68

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23097
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
自らヴィルトゥオーゾ奏者として活躍したポッパーの作品は、チェロの名人芸的書法を大いに発揮すると同時に、いかにも穏健ロマン派といった感のある、温かく柔和でちょっとセンチメンタルという、万人の耳に優しく響く楽想に恵まれています。「ハンガリー狂詩曲」は、同趣向のサラサーテの「ツィゴイネルワイゼン」やリストの「ハンガリー狂詩曲」(共通する旋律も登場します)に伍する出来映えですし、「紡ぎ歌」に聴く高音域・高速での超絶技巧も舌を巻くような素晴らしさです。また3つのチェロと管弦楽という風変わりな編成による「レクイエム」では、しっとり落ち着いた、しかし決して根暗ではない温かみのある悲歌を、たっぷり堪能することができます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。