ホーム > アルバム > 8.554741 シューベルト:ドイツ語歌曲全集 8 「シラー歌曲集 2」

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554741
CD発売時期
2002年8月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
フランツ・シューベルト Franz Schubert
作詞家
フリードリヒ・フォン・シラー Friedrich von Schiller
アーティスト
ウルリッヒ・アイゼンロール Ulrich Eisenlohr , レジーナ・ヤコビ Regina Jakobi

シューベルト:ドイツ語歌曲全集 8 「シラー歌曲集 2」

SCHUBERT, F.: Lied Edition 8 - Schiller, Vol. 2

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.554741

全トラック選択/解除

フランツ・シューベルト - Franz Schubert (1797-1828)

**:**
人質 D. 246
1.

Die Burgschaft, D. 246

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32036
 
**:**
ヘクトルの別れ D. 312
2.

Hektors Abschied, D. 312

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/604070
 
**:**
アマーリア D. 195
3.

Amalia, D. 195

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/604071
 
**:**
タルタロスの群れ D. 583
4.

Gruppe aus dem Tartarus, D. 583

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/604072
 
**:**
あこがれ D. 52
5.

Sehnsucht (Ach, aus dieses Tales Grunden), D. 52

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/604073
 
**:**
あこがれ D.636
6.

Sehnsucht (Ach, aus dieses Tales Grunden), D.636

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/604074
 
**:**
巡礼 Op. 37 No. 1/D. 794
7.

Der Pilgrim, Op. 37, No. 1, D. 794

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/604075
 
**:**
騎士トッゲンブルク D. 397
8.

Ritter Toggenburg, D. 397

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/604076
 
**:**
乙女の嘆き D. 191
9.

Des Madchens Klage, D. 191

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/604077
 
**:**
異国から来た少女 D. 252 (第2作)
10.

Das Madchen aus der Fremde, D. 252 (2nd setting)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/604078
 
**:**
エンマに D. 113
11.

An Emma, D. 113

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/604079
 
**:**
4つの時代 D. 391
12.

Die vier Weltalter, D. 391

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/604080
 
**:**
希望 D. 251
13.

Die Hoffnung, D. 251

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/604081
 
**:**
希望 D. 251 (改訂版)
14.

Die Hoffnung, D. 251 (revised version)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/604082
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
シューベルトが自分よりも少し年長のシラーの詩に音を付けた歌曲集です。4のように演奏機会がそれなりに多い曲も含まれているものの、収録曲に超有名なものはありません。しかし詩の世界への内的洞察力など、芸術性の高さでは抜きん出たものがあり、まさにシューベルト歌曲の真髄に触れることができます。シラーの詩の世界に深い関心を持つドイツ人メゾ・ソプラノ歌手、ヤコビの暗めの声は、音楽に託された微妙な感情変化を詳らかに描くのに好適で、1のような長編歌曲では特にその長所が生きています。歌曲をとことん味わうのが好きな貴方にお薦めします。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。