ホーム > アルバム > 8.554750-51 ゴセック:死者のための大ミサ曲/17声の交響曲(ルガーノ・スヴィッツェラ放送合唱団/スイス・イタリア語放送管/ファソリス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.554750-51
CD発売時期
2001年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 交響曲/管弦楽曲
作曲家
フランソワ=ジョセフ・ゴセック François-Joseph Gossec
作詞家
ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
マイテ・アルアバレッナ Maite Arruabarrena , ロベルタ・インヴェンルニッツィ Roberta Invernizzi , ハワード・クルーク Howard Crook , スイス・イタリア語放送管弦楽団 Radio Svizzera Italiana Orchestra , クロード・ダルブレー Claude Darbellay , ヴォルフ=ディーター・ハウシルト Wolf-Dieter Hauschild , ディエゴ・ファソリス Diego Fasolis , ルガーノ・スヴィッツェラ放送合唱団 Radio Svizzera Choir, Lugano

ゴセック:死者のための大ミサ曲/17声の交響曲(ルガーノ・スヴィッツェラ放送合唱団/スイス・イタリア語放送管/ファソリス)

GOSSEC: Grande Messe des Morts / Symphonie a 17 parties

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.554750-51

全トラック選択/解除

Disc 1

フランソワ=ジョセフ・ゴセック - François-Joseph Gossec (1734-1829)

**:**
死者のための大ミサ曲

Grande Messe des Morts

録音: 10 April 1998/16 January 1998, Cattedrale di San Lorenzo, Lugano/RSI Auditorium, Lugano
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23190
**:**
»  序奏 - グラーヴェ
1.

-

Introduzione: Grave

**:**
»  II. 入祭唱 - レクイエム・エテルナム - グラーヴェ
2.

-

II. Introitus: Requiem aeternam - Grave

**:**
»  III. 入祭唱 - あなたにふさわしい讃歌は - アレグロ・モデラート
3.

-

III. Introitus: Te decet hymnus - Allegro moderato

**:**
»  IV. 入祭唱 - 我が祈りを聞き入れ給え - ラルゴ
4.

-

IV. Introitus: Exaudi orationem meam - Largo

**:**
»  V. 昇階唱 - レクイエム・エテルナム - グラーヴェ
5.

-

V. Graduale: Requiem aeternam - Grave

**:**
»  V. 昇階唱 - フーガ - 絶えない光
6.

-

VI. Graduale: Fuga - Et lux perpetua

**:**
»  VII. 続唱 - 怒りの日 - グラーヴェ・マエストーソ
7.

-

VII. Sequentia: Dies irae - Grave maestoso

**:**
»  VIII. 続唱 - 妙なるラッパの - グラーヴェ - アレグレット
8.

-

VIII. Sequentia: Tuba mirum: Grave - Allegretto

**:**
»  IX. 続唱 - 審判者に答えるために - アレグロ
9.

-

IX. Sequentia: Mors stupebit - Allegro

**:**
»  X. 続唱 - 哀れな私は - レント
10.

-

X. Sequentia: Quid sum miser - Lento

**:**
»  XI. 続唱 - 思い出して下さい - ラルゴ
11.

-

XI. Sequentia: Recordare - Largo

**:**
»  XII. 続唱 - 羊の中にわれを置き - アレグレット
12.

-

XII. Sequentia: Inter oves - Allegretto

**:**
»  XIII. 続唱 - 呪われし者 - アレグロ・モルト
13.

-

XIII. Sequentia: Confutatis - Allegro molto

**:**
»  XIV. 続唱 - われひれ伏して願いたてまつる - グラーヴェ
14.

-

XIV. Sequentia: Oro supplex - Grave

**:**
»  XV. 続唱- 涙の日 - (グラーヴェ)
15.

-

XV. Sequentia: Lacrymosa - (Grave)

**:**
»  XVI. 続唱 - 罪ある人 - グラーヴェ
16.

-

XVI. Sequentia: Judicandus - Grave

**:**
»  XVII. 続唱 - 慈悲深き主、イエスよ - アーメン - アンダンテ
17.

-

XVII. Sequentia: Pie Jesu - Amen: Andante

Disc 2

フランソワ=ジョセフ・ゴセック - François-Joseph Gossec (1734-1829)

**:**
死者のための大ミサ曲

Grande Messe des Morts

録音: 10 April 1998/16 January 1998, Cattedrale di San Lorenzo, Lugano/RSI Auditorium, Lugano
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23190
**:**
»  XVIII. 奉納唱 - ラルゴ
1.

-

XVIII. Offertorium: Vado et non revertar - Largo

**:**
»  XIX. 奉納唱 - 神に全ての望みをたくします - ラルゴ
2.

-

XIX. Offertorium: Spera in Deo - Largo

**:**
»  XX. ケーダント・ホステス - アレグロ
3.

-

XX. Cedant hostes: Allegro

**:**
»  XXI. サンクトゥス - マエストーソ
4.

-

XXI. Sanctus: Maestoso

**:**
»  XXII. 慈悲深き主、イエスよ - ラルゴ
5.

-

XXII. Pie Jesu: Largo

**:**
»  XXIII. アニュス・デイ - マエストーソ
6.

-

XXIII. Agnus Dei: Moderato

**:**
»  XXIV. 聖体拝領祈願 - レクイエム・エテルナム - アレグレット
7.

-

XXIV. Post Communionem: Requiem aeternam - Allegretto

 
**:**
17声の交響曲 ヘ長調

Symphonie a 17 parties

録音: 10 April 1998/16 January 1998, Cattedrale di San Lorenzo, Lugano/RSI Auditorium, Lugano
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/23191
**:**
»  マエストーソ - アレグロ・モルト
8.

-

Maestoso - Allegro molto

**:**
»  ラルゲット
9.

-

Larghetto

**:**
»  メヌエット
10.

-

Minuetto

**:**
»  アレグロ・アッサイ
11.

-

Allegro assai

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ゴセックといえば、あの可愛らしい「ガヴォット」だけの一発屋と衆目の一致するところ、そんな音楽史の常識を書き換える名作にナクソスが取り組みました。フランス革命の嵐の時代を生き抜いたゴセックが革命前に書いたこの「レクィエム」は、ティンパニ連打の冒頭や、8トゥバ・ミルムで初演時には教会の外に管楽アンサンブルを置いた挿話で語られますが、新奇さだけが取り柄ではありません。音楽の充実ぶりこそが自慢で(続誦の部分は名場面の連続で特に注目!)、モーツァルトに影響を与えた可能性もあるのです。当盤の自慢は極美の合唱、ソリストも好演です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。