ホーム > アルバム > 8.555040 サン=ジョルジュ:ヴァイオリン協奏曲集(西崎崇子/ケルン室内管/ミュラー=ブリュール)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.555040
CD発売時期
2001年4月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ジョゼフ・ブローニュ・シュヴァリエ・ド・サン=ジョルジュ Joseph Bologne Chevalier de Saint-Georges
アーティスト
ケルン室内管弦楽団 Cologne Chamber Orchestra , 西崎崇子 Takako Nishizaki , ヘルムート・ミュラー=ブリュール Helmut Müller-Brühl

サン=ジョルジュ:ヴァイオリン協奏曲集(西崎崇子/ケルン室内管/ミュラー=ブリュール)

SAINT-GEORGES, J.B.C. de: Violin Concertos Op. 5, Nos. 1-2 and Op. 8 (Takako Nishizaki, Cologne Chamber Orchestra, Müller-Brühl)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.555040

全トラック選択/解除

ジョゼフ・ブローニュ・シュヴァリエ・ド・サン=ジョルジュ - Joseph Bologne Chevalier de Saint-Georges (1745-1799)

**:**
ヴァイオリン協奏曲 ハ長調 Op. 5 No. 1

Violin Concerto in C Major, Op. 5, No. 1

録音: 30 May-2 June 2000, Concertstudio DeutschlandRadio, Cologne
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/24369
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante moderato
2.

-

**:**
»  III. Rondeau
3.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 イ長調 Op. 5 No. 2

Violin Concerto in A Major, Op. 5, No. 2

録音: 30 May-2 June 2000, Concertstudio DeutschlandRadio, Cologne
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/24370
**:**
»  I. Allegro moderato
4.

-

**:**
»  II. Largo
5.

-

**:**
»  III. Rondeau
6.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 ト長調 Op. 8

Violin Concerto in G Major, Op. 8

録音: 30 May-2 June 2000, Concertstudio DeutschlandRadio, Cologne
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/24371
**:**
»  I. Allegro
7.

-

**:**
»  II. Largo
8.

-

**:**
»  III. Rondeau
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 投稿日:2008/08/28
18世紀の後半、西インド諸島クアドループ島でフランス総督と、島一番の美女とうたわれた黒人女性との間に生まれたサン-ジョルジュは、剣士として、音楽家として多彩な生涯を過ごしました。このヴァイオリン協奏曲集は、間近に迫ったブルボン王朝の終焉を前に咲き誇った花のような作品で、ロココの美がちりばめられたヴァイオリンとオーケストラの絶妙な掛け合いが楽しめます。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ハイドンやモーツァルトとほぼ同時代を生きた、サン=ジョルジュは作曲家、ヴァイオリニスト、指揮者(ハイドンのパリ交響曲を初演)にして剣士でも軍人でもあったという変り種の経歴の持ち主ですが、その作品もなかなか才気に溢れたユニークなものとなっています。いずれの曲においても、ヴァイオリン独奏パートはヴィルトゥオジテの披瀝を指向しており、ハイドンやモーツァルトの協奏曲と比しても、より高い音域が好んで使われていますし、目まぐるしく動き回るパッセージも随所で耳にすることができます。特に最終楽章での快刀乱麻、自由闊達ぶりは鮮やかといえるでしょう。その一方、緩除楽章での旋律の美しさも味わい豊かなものとなっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。