ホーム > アルバム > 8.555065 ファリャ:ピアノ作品全集 1 (リゴリオ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.555065
CD発売時期
2007年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
マヌエル・デ・ファリャ Manuel de Falla
アーティスト
ダニエル・リゴリオ Daniel Ligorio

ファリャ:ピアノ作品全集 1 (リゴリオ)

FALLA: Complete Piano Works, Vol. 1

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.555065

全トラック選択/解除

マヌエル・デ・ファリャ - Manuel de Falla (1876-1946)

**:**
夜想曲
1.

Nocturno

録音: February and March 2005, Estudios Moraleda, Barcelona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/117994
 
**:**
セレナータ
2.

Serenata

録音: February and March 2005, Estudios Moraleda, Barcelona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/117995
 
**:**
アンダルシアのセレナータ
3.

Serenata andaluza

録音: February and March 2005, Estudios Moraleda, Barcelona
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/117996
 
**:**
演奏会用アレグロ
4.

Allegro de concierto

録音: February and March 2005, Estudios Moraleda, Barcelona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/117997
 
**:**
ドビュッシー墓碑銘のための賛歌 (ピアノ編)
5.

Le Tombeau de Claude Debussy: No. 9. Homenaje (version for piano)

録音: February and March 2005, Estudios Moraleda, Barcelona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/117998
 
**:**
ポール・デュカス墓碑銘のための賛歌
6.

Pour le tombeau de Paul Dukas

録音: February and March 2005, Estudios Moraleda, Barcelona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/117999
 
**:**
4つのスペイン小品

4 Piezas españolas

録音: February-March 2005, Estudios Moraleda, Barcelona
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/118000
**:**
»  No. 1. Aragonesa
7.

-

**:**
»  No. 2. Cubana
8.

-

**:**
»  No. 3. Montanesa
9.

-

**:**
»  No. 4. Andaluza
10.

-

 
**:**
組曲「恋は魔術師」

El amor brujo (Love, the Magician) Suite (arr. for piano)

録音: February-March 2005, Estudios Moraleda, Barcelona
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/118001
**:**
»  I. Pantomima (Pantomime)
11.

-

**:**
»  II. Danza del terror (Dance of Terror)
12.

-

**:**
»  III. Circulo magico (The Magic Circle)
13.

-

**:**
»  IV. Danza del ritual del fuego fatuo (Ritual Fire Dance)
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
大ピアニスト、アルトゥール・ルービンシュタインが十八番のアンコールピースとしていた「火祭りの踊り」以外は、残念ながらまだまだマニアだけが狂喜している、ファリャの素晴らしいピアノ独奏曲の数々です。20代の作品「夜想曲」「セレナータ」「セレナータ・アンダルーサ」「演奏会用アレグロ」は、後期ロマン派の影響が濃厚ですが、既に独自の魅力を放っており、習作の域は完全に超えています。壮年期の作品である「4つのスペイン小品」「組曲「恋は魔術師」」は、いよいよスペイン風味のコクが増すと同時に、ピアノの用法も洗練され、第一級のコンサートピースとなっています。そして老境に差し掛かった頃、二人の偉大な先達を偲んで書かれた「クロード・ドビュッシーを賛えて」「ポール・デュカスの墓碑銘のための賛歌」において、簡潔ながらも高度な書法の中に、驚くべきほど深みを見せるに至るのです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。