ホーム > アルバム > 8.555515 マリピエロ:歌劇「アルレッキーノの嘘」より交響的断章/ヴィヴァルディアーナ/7つのインヴェンション/4つのインヴェンション(ヴェネート・フィル/マーク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.555515
CD発売時期
2001年4月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ジャン・フランチェスコ・マリピエロ Gian Francesco Malipiero
アーティスト
ヴェネート・フィルハーモニー管弦楽団 Veneto Philharmonic Orchestra , ペーター・マーク Peter Maag

マリピエロ:歌劇「アルレッキーノの嘘」より交響的断章/ヴィヴァルディアーナ/7つのインヴェンション/4つのインヴェンション(ヴェネート・フィル/マーク)

MALIPIERO, G.F.: Finto Arlecchino (Il) / Vivaldiana / Sette invenzioni / Quattro invenzioni (Veneto Philharmonic, Maag)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.555515

全トラック選択/解除

ジャン・フランチェスコ・マリピエロ - Gian Francesco Malipiero (1882-1973)

**:**
7つのインヴェンション

Sette invenzioni

録音: 1-8 March 1991, Treviso, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/24168
**:**
»  Non troppo mosso
1.

-

**:**
»  Mosso
2.

-

**:**
»  Non mosso ma allegro
3.

-

**:**
»  Lento ma non troppo
4.

-

**:**
»  Allegro agitato
5.

-

**:**
»  Lento ma non troppo
6.

-

**:**
»  Allegro
7.

-

 
**:**
4つのインヴェンション

Quattro invenzioni

録音: 1- 8 March 1991, Treviso, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/24169
**:**
»  Allegro grazioso - Leggero
8.

-

**:**
»  Allegro - Grazioso
9.

-

**:**
»  Andante - In due
10.

-

**:**
»  Allegro - Festoso
11.

-

 
**:**
歌劇「アルレッキーノの嘘」 - 交響的断章

Opera 'Il finto Arlecchino': Symphonic Fragments

録音: 1- 8 March 1991, Treviso, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/24170
**:**
»  Allegro
12.

-

**:**
»  Largo
13.

-

**:**
»  Allegro gaio assai
14.

-

**:**
»  Andante non ritenuto
15.

-

 
**:**
ヴィヴァルディアーナ

Vivaldiana

録音: 1 - 8 March 1991, Treviso, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/24171
**:**
»  Adagio - Allegro
16.

-

**:**
»  Andante più lento un poco
17.

-

**:**
»  Allegro - Allegro molto
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ピツェッティ、カゼルラと並んで再評価の進む近代イタリア三羽烏の雄・マリピエロの素晴らしく手の込んだ管弦楽曲集です。二つのインヴェンション集は、映画音楽としても使用されたこともある作品ですが、ハリウッド風ロマンティシズムとはまるで対照的、急進派としても名を轟かせた彼らしく大胆な不協和音の使用も目立ちますが、どんなときでも青く澄み切った空のように抜けるような透明感を持っている、不思議といえば不思議な彼流の流儀が貫かれています。また彼はヴィヴァルディ作品の校訂者としても知られますが、「ヴィヴァルディアーナ」は文字通りヴィヴァルディ作品を素材として、彼流のオーケストレーションを施したユニークな編曲的作品です。*8.223397の再発売品

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。