ホーム > アルバム > 8.555540 シュポア:交響曲第2番, 第9番「四季」(スロヴァキア・フィル/ヴァルター)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.555540
CD発売時期
1993年10月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ルイ・シュポア Louis Spohr
アーティスト
アルフレート・ヴァルター Alfred Walter , スロヴァキア国立コシツェ・フィルハーモニー管弦楽団 Slovak State Philharmonic Orchestra, Košice

シュポア:交響曲第2番, 第9番「四季」(スロヴァキア・フィル/ヴァルター)

SPOHR, L.: Symphonies Nos. 2 and 9, "Die Jahreszeiten" (Slovak State Philharmonic, A. Walter)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.555540

全トラック選択/解除

ルイ・シュポア - Louis Spohr (1784-1859)

**:**
交響曲第2番 ニ短調 Op. 49

Symphony No. 2 in D Minor, Op. 49

録音: 26-30 October 1992, House of Arts, Košice, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4910407
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Larghetto
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Presto
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Vivace
4.

-

 
**:**
交響曲第9番 ロ短調 「四季」 Op. 143

Symphony No. 9 in B Minor, Op. 143, "Die Jahreszeiten" (The Seasons)

録音: 26-30 October 1992, House of Arts, Košice, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4910451
**:**
»  Part I: Der Winter (The Winter): Allegro maestoso
5.

-

**:**
»  Part I: Der Übergang zum Frühling (The transition to Spring): L'istesso tempo
6.

-

**:**
»  Part I: Der Frühling (Spring): Moderato
7.

-

**:**
»  Part II: Der Sommer (Summer): Largo
8.

-

**:**
»  Part II: Einleitung zum Herbst (Prelude to Autumn): Allegro vivace
9.

-

**:**
»  Part II: Der Herbst (Autumn): L'istesso tempo
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/06/01
1820年のロンドンで作曲、初演されたシュポア(1784-1859)の交響曲第2番は、熱狂的な賛辞を持ってロンドン市民に迎え入れられました。ハイドンの影響から脱した革新的な書法と、完璧なオーケストレーションで書かれたこの作品で「イングランドで最も成功した作曲家」として讃えられた彼は、以降指揮者、作曲家としてヨーロッパ全域で活躍することとなります。それから30年、不慮の事故で怪我を負ったシュポアは、体調不良の中「第9」交響曲を書き上げます。この曲には、恐らく1824年に彼が指揮したシューマンの「春」の影響があると考えられていますが、シュポア自身は各楽章に詳細な説明を施してはいません。しかし曲の至るところから感じられる自然の息吹からは、シュポアの信念であった「生きる喜び」が感じられます。 ※日本語帯なし

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。