ホーム > アルバム > 8.555762 タチアナ・ヴァシリエヴァ - チェロ作品集

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.555762
CD発売時期
2002年5月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
イーゴリ・ストラヴィンスキー Igor Stravinsky , アンリ・デュティユー Henri Dutilleux , クロード・ドビュッシー Claude Debussy , ベンジャミン・ブリテン Benjamin Britten
アーティスト
タチアナ・ヴァシリエヴァ Tatjana Vassiljeva , 占部由美子 Yumiko Urabe

タチアナ・ヴァシリエヴァ - チェロ作品集

Cello Recital: Tatjana Vassiljeva

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.555762

全トラック選択/解除

イーゴリ・ストラヴィンスキー - Igor Stravinsky (1882-1971)

**:**
イタリア組曲(チェロとピアノ版)

Suite italienne (version for cello and piano)

録音: 25-28 September, 2000, Studio 2, Bavarian Radio Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32393
**:**
»  I. Introduzione
1.

-

**:**
»  II. Serenata
2.

-

**:**
»  III. Aria
3.

-

**:**
»  IV. Tarantella
4.

-

**:**
»  V. Minuetto e Finale
5.

-

ベンジャミン・ブリテン - Benjamin Britten (1913-1976)

**:**
チェロ・ソナタ ハ長調 Op. 65

Cello Sonata in C Major, Op. 65

録音: 25-28 September, 2000, Studio 2, Bavarian Radio Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32394
**:**
»  I. Dialogo
6.

-

**:**
»  II. Scherzo - pizzicato
7.

-

**:**
»  III. Elegia
8.

-

**:**
»  IV. Marcia
9.

-

**:**
»  V. Moto perpetuo
10.

-

アンリ・デュティユー - Henri Dutilleux (1916-2013)

**:**
ザッハーの名による3つのストロフ

3 Strophes sur le nom de Paul Sacher

録音: 25-28 September, 2000, Studio 2, Bavarian Radio Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32395
**:**
»  No. 1: Un poco indeciso
11.

-

**:**
»  No. 2: Andante sostenuto
12.

-

**:**
»  No. 3: Vivace
13.

-

クロード・ドビュッシー - Claude Debussy (1862-1918)

**:**
チェロ・ソナタ

Cello Sonata

録音: 25-28 September, 2000, Studio 2, Bavarian Radio Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32396
**:**
»  I. Prologue
14.

-

**:**
»  II. Serenade -
15.

-

**:**
»  III. Finale
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
20世紀に作曲されたチェロのための興味深い作品の数々を、1977年生まれの新星、ヴァシリエヴァが瑞々しい感性と闊達な技巧で弾き切り、自らの強烈な存在感と同時に、必ずしも知名度に恵まれない、これらの作品の魅力をアピールする好企画です。どの曲もチェロ(及びピアノ)の持つ様々な技巧と表現力の可能性を追求した作品で、演奏するのはかなりの難物のはずですが、各曲ごとの性格の弾き分けも含めて実に見事、聴いていると、本当に楽しくなるほどです。占部のピアノも大変な好サポートで、20世紀器楽音楽の神髄を存分に伝えるこの一枚で、さりげなくその高い技量のほどを示しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。