ホーム > アルバム > 8.555772 アンチエタ:ミサ・シネ・ノミネ(カピーリャ・ペナフロリダ/ミニストリレス・デ・マルシアス/カブレ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.555772
CD発売時期
2004年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 器楽曲
作曲家
フアン・デ・アンチエタ Juan de Anchieta , フアン・デ・ウレーデ Juan de Urrede , ジョスカン・デ・プレ Josquin des Prez, , 不詳 Anonymous , フランシスコ・デ・ペニャローサ Francisco de Penalosa
作詞家
不詳 Anonymous , ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
ロレート・フェルナンデス・イマーツ Loreto Fernandez Imaz , カピーリャ・ペニャフロリダ Capilla Peñaflorida , ジョゼップ・カブレ Josep Cabre , ミニストリレス・デ・マルシアス Ministriles de Marsias

アンチエタ:ミサ・シネ・ノミネ(カピーリャ・ペナフロリダ/ミニストリレス・デ・マルシアス/カブレ)

ANCHIETA, J. de: Missa Sine Nomine (Capilla Peñaflorida)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.555772

全トラック選択/解除

不詳 - Anonymous

**:**
武装した人
1.

L'homme arme

録音: 26-29 October 2000, Villabuena, Alva / Uriona, Araba
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41063

フアン・デ・アンチエタ - Juan de Anchieta (1462-1523) / 不詳 - Anonymous

**:**
入祭唱 「めでたし、聖なる産みの母」
2.

Introitus: Salve Sancta Parens

録音: 26-29 October 2000, Villabuena, Alva / Uriona, Araba
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41050

フアン・デ・アンチエタ - Juan de Anchieta (1462-1523)

**:**
主よ憐れみたまえ(キリエ・エレイソン) - クリステ・エレイソン - キリエ・エレイソン

Kyrie eleison - Christie eleison - Kyrie eleison

録音: 26-29 October 2000, Villabuena, Alva / Uriona, Araba
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41051
**:**
»  Kyrie eleison - Christie eleision - Kyrie elesion
3.

-

ジョスカン・デ・プレ - Josquin des Prez, (1455-1521)

**:**
キリエ I (オルガン・ソロ)
4.

Kyrie I (Organ solo - elaborated by Fernandez Palero)

録音: 26-29 October 2000, Villabuena, Alva / Uriona, Araba
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41064

フアン・デ・アンチエタ - Juan de Anchieta (1462-1523)

**:**
いと高きにある神に栄光あれ
5.

Gloria in excelsis Deo

録音: 26-29 October 2000, Villabuena, Alva / Uriona, Araba
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41052

不詳 - Anonymous

**:**
昇階曲 「祝福され、尊ばれし聖母マリア」(グレゴリオ聖歌)
6.

Graduale: Benedicta et venerabilis es (Gregorian chant)

録音: 26-29 October 2000, Villabuena, Alva / Uriona, Araba
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41059
 
**:**
Reyna muy esclarecida
7.
録音: 26-29 October 2000, Villabuena, Alva / Uriona, Araba
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41060

フアン・デ・アンチエタ - Juan de Anchieta (1462-1523)

**:**
クレド
8.

Credo

録音: 26-29 October 2000, Villabuena, Alva / Uriona, Araba
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41053

フランシスコ・デ・ペニャローサ - Francisco de Penalosa (1470-1528)

**:**
聖なる御母よ(器楽)
9.

Sancta mater istud agas (instrumental)

録音: 26-29 October 2000, Villabuena, Alva / Uriona, Araba
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41065

不詳 - Anonymous

**:**
オッフェルトリウム - 恵みに満ちたマリアよ
10.

Offertorium: Ave Maria, gratia plena (Gregorian chant)

録音: 26-29 October 2000, Villabuena, Alva / Uriona, Araba
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41061

フアン・デ・アンチエタ - Juan de Anchieta (1462-1523)

**:**
めでたし、いと聖なるマリア
11.

Ave Sanctissima Maria

録音: 26-29 October 2000, Villabuena, Alva / Uriona, Araba
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41054
 
**:**
サンクトゥス - ベネディクトゥス
12.

Sanctus - Benedictus

録音: 26-29 October 2000, Villabuena, Alva / Uriona, Araba
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41055
**:**
讃歌 - 舌もて語らしめよ(パンジェ・リングァ)(オルガン・ソロ)

Hymn: Pange lingua (Organ solo - elaborated by Antonio de Kabezon)

録音: 26-29 October 2000, Villabuena, Alva / Uriona, Araba
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41066
**:**
»  Hymn: Pange lingua (Organ solo - elaborated by Antonio de Cabezon)
13.

-

フアン・デ・アンチエタ - Juan de Anchieta (1462-1523)

**:**
乙女と御母
14.

Virgo et Mater

録音: 26-29 October 2000, Villabuena, Alva / Uriona, Araba
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41056
 
**:**
アニュス・デイ
15.

Agnus Dei

録音: 26-29 October 2000, Villabuena, Alva / Uriona, Araba
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41057

不詳 - Anonymous

**:**
聖体拝領唱 - 祝せられた胎よ
16.

Communio: Beata viscera (Gregorian chant)

録音: 26-29 October 2000, Villabuena, Alva / Uriona, Araba
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41062

フアン・デ・アンチエタ - Juan de Anchieta (1462-1523)

**:**
サルヴェ・レジーナ
17.

Salve Regina (Antiphon)

録音: 26-29 October 2000, Villabuena, Alva / Uriona, Araba
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41058
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
これは驚きの美しさ!音楽史の本で名前はしばしば目にするアンチエータですが、実際に作品を音で聴くことは非常に珍しいところ、当盤の出現は、多くの古楽ファンに発見の喜びを与えることでしょう。「ミサ・シネ・ノミネ(別名:第四旋法のミサ曲)」全曲を、実際の典礼を再現するために、当時の他の音楽を織り交ぜて演奏。例えば、かの有名な冒頭1の旋律はミサ曲の中で使用されているものです。男性だけの歌手陣が織り成す美しいポリフォニーは、心地よい倍音を伴って、極上の癒し空間を醸成します。スペインのルネッサンス音楽の輝きに、改めて目を開かせる曲・演奏です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。