ホーム > アルバム > 8.555778 デュビュニョン:ピアノ四重奏曲/呪文/フレングリッシュ組曲(グローヴス/ヴィグノールス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.555778
CD発売時期
2002年12月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
リシャール・デュビュニョン Richard Dubugnon
アーティスト
マシュー・シャープ Matthew Sharp , ニック・ダニエル Nick Daniel , リシャール・デュビュニョン Richard Dubugnon , マイケル・トンプソン Michael Thompson , エマ・フィールディング Emma Fielding , ヴィヴ・マクリーン Viv McLean , イルカ・レフトネン Illka Lehtonen , Dominic Harlan , Sai Kai , Julia Knight , Royal Academy Wind Soloists

デュビュニョン:ピアノ四重奏曲/呪文/フレングリッシュ組曲(グローヴス/ヴィグノールス)

DUBUGNON: Piano Quartet / Incantatio / Frenglish Suite

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.555778

全トラック選択/解除

リシャール・デュビュニョン - Richard Dubugnon (1968-)

**:**
ピアノ四重奏曲

Piano Quartet

録音: 27th Feb 2001, St Paul's Church, New Southgate, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35573
**:**
»  Andante - Allegro impetuoso
1.

-

**:**
»  Presto
2.

-

 
**:**
Incantatio for Cello and Piano

録音: 27th Feb, 2001, St Paul's Church, New Southgate, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35574
**:**
»  Evocatio
3.

-

**:**
»  Apparitio
4.

-

**:**
»  Saltatio
5.

-

 
**:**
Trois evocations finlandaises for Solo Double Bass

録音: 27th June 2001, St Paul's Church, New Southgate, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35575
**:**
»  Menuet Carelien
6.

-

**:**
»  Hamara
7.

-

**:**
»  Dithyrambe
8.

-

 
**:**
Cinq Masques for Solo Oboe

録音: 27th Feb, 2001, St Paul's Church, New Southgate, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35577
**:**
»  Faune Florentin
9.

-

**:**
»  Masque de Pompei
10.

-

**:**
»  Arlequin, parce qu'il est triste...
11.

-

**:**
»  Demons Indiens
12.

-

**:**
»  Masque Etrusque
13.

-

 
**:**
Canonic Verses for Oboe, Oboe d'Amore and Cor Anglais

録音: 27th Feb, 2001, St Paul's Church, New Southgate, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35576
**:**
»  Verse I
14.

-

**:**
»  Verse II
15.

-

**:**
»  Verse III
16.

-

 
**:**
Frenglish Suite for Wind Quintet

録音: 27th June, 2001, St Paul's Church, New Southgate, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35578
**:**
»  Overture
17.

-

**:**
»  Theme Geordie
18.

-

**:**
»  Variation I
19.

-

**:**
»  Variation II
20.

-

**:**
»  Variation III
21.

-

**:**
»  Variation IV
22.

-

**:**
»  Variation V
23.

-

**:**
»  Funebre Lullaby
24.

-

**:**
»  Fermeture
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
仏紙「ル・フィガロ」に「ラヴェルとプロコフィエフの息子」と評された、ローザンヌ出身の俊英作曲家デュビュニョンの室内楽には、確かにフランス近代的な和声感やリリシズムと、ロシア的な切れ味のあるリズム感とが同居しています。いずれも無調でありながら、前衛的な作曲手法とは一線を画した、現代の音楽としては耳に馴染みやすいものです。後期のスクリャービンの影響下にある「呪文」の神秘的和声感には思わず陶然。自身でコントラバスを弾いている「フィンランドの思い出」は並外れた説得力があり、代表作と言えるでしょう。カッコーの描写にも注目。作曲家自身による解説付きです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。