ホーム > アルバム > 8.555788 ワーグナー:「ローエングリン」&「ジークフリート」名場面集(ロシア国立響/マグリン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.555788
CD発売時期
2003年8月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
リヒャルト・ワーグナー Richard Wagner
作詞家
リヒャルト・ワーグナー Richard Wagner
アーティスト
ボリショイ劇場合唱団 Bolshoi Theatre Chorus , ジョン・マグリン John McGlinn , ジョン・ホートン・マレイ John Horton Murray , ロシア国立交響楽団 Russian State Symphony Orchestra , Adam Klein , Margaret Jane Wray

ワーグナー:「ローエングリン」&「ジークフリート」名場面集(ロシア国立響/マグリン)

WAGNER, R.: Scenes from Lohengrin and Siegfried

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.555788

全トラック選択/解除

リヒャルト・ワーグナー - Richard Wagner (1813-1883)

**:**
歌劇「ローエングリン」 - 第3幕 第1場、第2場

Lohengrin: Act Three, Scenes 1 and 2

録音: 28 May - 1 June 2001, Studio No. 5, Moscow Film Studios
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38170
**:**
»  Einleitung (Introduction)
1.

-

**:**
»  Treulich gefuhrt ziehet dahin
2.

-

**:**
»  Das susse Lied verhallt
3.

-

**:**
»  Wie hehr erkenn' ich unsrer Liebe Wesen!
4.

-

**:**
»  Atmest du nicht mit mir die sussen Dufte?
5.

-

**:**
»  Ach, konnt ich deiner Wert erscheinen!
6.

-

**:**
»  Hochstes Vertraun
7.

-

**:**
»  Hilf Gott, was muss ich horen!
8.

-

**:**
»  Weh, nun ist all unser Gluck dahin!
9.

-

 
**:**
楽劇「ジークフリート」 - 第1幕 第3場

Siegfried: Act One, Scene 3

録音: 28 May - 1 June 2001, Studio No. 5, Moscow Film Studios
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/713207
**:**
»  Verfluchtes Licht!
10.

-

**:**
»  Heraus! Was ist's mit dem Furchten?
11.

-

**:**
»  Sonderlich seltsam muss das sein!
12.

-

**:**
»  Dann schnell! Schaffe das Schwert!
13.

-

**:**
»  Nothung! Nothung! Neidliches Schewert!
14.

-

**:**
»  Er schmiedet das Schwert, und Fafner fallt er
15.

-

**:**
»  Was schafft der Tolpel dort mit dem Topf?
16.

-

**:**
»  Hoho! Hoho! Hohei!
17.

-

**:**
»  Den der Bruder schuf, den schimmernden Reif
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
コヴェント・ガーデンやメトロポリタンなど、世界中のオペラハウスで絶賛を浴び続ける貴重なヘルデン・テノール、マーレイがワーグナーの2つの名作で力いっぱい咆えます。エルザ役で参加するレイもまた、ドラマティック・ソプラノとして注目を浴びる存在。キャラクター・テノールとして存在感を示すクラインも加わり、全体をミュージカル指揮者としても有名なマクグリンが締めという、ユニークなワーグナー・アルバムとなりました。2つのオペラ入門盤としても好適で、「ローエングリン」では、あの「結婚行進曲」も聴けます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。