ホーム > アルバム > 8.555808 クレメンティ:初期ピアノ・ソナタ集 1 (アレクサンダー=マックス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.555808
CD発売時期
2002年12月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ムツィオ・クレメンティ Muzio Clementi
アーティスト
スーザン・アレクサンダー=マックス Susan Alexander-Max

クレメンティ:初期ピアノ・ソナタ集 1 (アレクサンダー=マックス)

CLEMENTI, M.: Early Piano Sonatas, Vol. 1 (Alexander-Max)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.555808

全トラック選択/解除

ムツィオ・クレメンティ - Muzio Clementi (1752-1832)

**:**
Piano Sonata in G Major, WO 14

録音: 17th to 19th Sep, 2001, St Martins Church, East Woodhay, Nr Newbury, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35553
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Allegro assai
2.

-

 
**:**
Piano Sonata in A Major, Op. 2, No. 4

録音: 17th to 19th Sep, 2001, St Martins Church, East Woodhay, Nr Newbury, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35554
**:**
»  I. Allegro assai
3.

-

**:**
»  II. Spiritoso
4.

-

 
**:**
Piano Sonata in G Minor, Op. 8, No. 1

録音: 17th to 19th Sep, 2001, St Martins Church, East Woodhay, Nr Newbury, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35555
**:**
»  I. Allegro
5.

-

**:**
»  II. Andante cantabile
6.

-

**:**
»  III. Presto
7.

-

 
**:**
ソナタ 変ロ長調 Op. 8 No. 3

Piano Sonata in B-Flat Major, Op. 8, No. 3

録音: 17th to 19th Sep, 2001, St Martins Church, East Woodhay, Nr Newbury, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35556
**:**
»  I. Presto
8.

-

**:**
»  II. Minuetto
9.

-

**:**
»  III. Rondo
10.

-

 
**:**
ピアノ・ソナタ ヘ短調 Op. 13 No. 6

Piano Sonata in F Minor, Op. 13, No. 6

録音: 17th to 19th Sep, 2001, St Martins Church, East Woodhay, Nr Newbury, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35557
**:**
»  I. Allegro agitato
11.

-

**:**
»  II. Largo e sostenuto
12.

-

**:**
»  III. Presto
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
モーツァルトと同時代に活躍したヴィルトゥオーゾ・ピアニスト兼作曲家であったクレメンティのピアノ音楽は、その楽聖によって手厳しく批判されたことでも知られています。しかしこの不幸な事実は、むしろクレメンティの作品にモーツァルトが評価することのできなかった要素、すなわち音楽的内容や演奏技法の上でモーツァルト、さらにはベートーヴェンを超えて、ロマン派のピアノ音楽にすら通じるような部分があることを、物語っていると考えることもできるでしょう。オクターヴや重音(特に3度奏法の連続)、大胆な転調やダイナミクスに満ちた、素晴らしくシンフォニックな作品達を、復元楽器による演奏でお楽しみください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。