ホーム > アルバム > 8.555862 リルバーン:交響曲第1番、第2番、第3番(ニュージーランド響/ジャッド)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.555862
CD発売時期
2002年5月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ダグラス・リルバーン Douglas Lilburn
アーティスト
ジェイムス・ジャッド James Judd , ニュージーランド交響楽団 New Zealand Symphony Orchestra

リルバーン:交響曲第1番、第2番、第3番(ニュージーランド響/ジャッド)

LILBURN: Symphonies Nos. 1 - 3

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.555862

全トラック選択/解除

ダグラス・リルバーン - Douglas Lilburn (1915-2001)

**:**
交響曲第1番

Symphony No. 1

録音: 29th to 31st May, 2001, Michael Fowler Centre, Wellington, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31701
**:**
»  Allegro non troppo
1.

-

**:**
»  Andante con moto
2.

-

**:**
»  Allegro
3.

-

 
**:**
交響曲第2番

Symphony No. 2

録音: 29th to 31st May, 2001, Michael Fowler Centre, Wellington, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31702
**:**
»  Prelude: Moderato
4.

-

**:**
»  Scherzo: Allegro vivace
5.

-

**:**
»  Introduction: Poco lento
6.

-

**:**
»  Finale: Allegro
7.

-

 
**:**
交響曲第3番

Symphony No. 3

録音: 29th to 31st May, 2001, Michael Fowler Centre, Wellington, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/31703
**:**
»  Moderato - Vivace - Allegro - Andante - Allegro
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
クラシックの新興国だからといって侮るべからず! ニュージーランド生まれの交響曲と聞けば、ちょっと意表を突かれる感がありますが、リルバーンの交響曲はいずれも、透明感のある響きとさわやかな詩情に貫かれた、なかなかの佳品です。第3番はやや抽象的な内容を持ちますが、特に山々の風景に対するオマージュといわれる第1、2番は、雄大なメロディーとオーケストレーションが耳に大変快く、後期ロマン派や近代イギリス系あたりの交響曲ファンの方には、親しみが湧き易いかもしれません。ニュージーランド交響楽団の繰り広げる熱演も、この盤に一層の華を添えています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。