ホーム > アルバム > 8.555867 ヴォーン・ウィリアムズ:グリーンスリーヴズによる幻想曲/タリスの主題による幻想曲(ニュージーランド響/ジャッド)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.555867
CD発売時期
2003年7月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ Ralph Vaughan Williams
編曲者
ラルフ・グリーヴズ Ralph Greaves
アーティスト
ジェイムス・ジャッド James Judd , ニュージーランド交響楽団 New Zealand Symphony Orchestra

ヴォーン・ウィリアムズ:グリーンスリーヴズによる幻想曲/タリスの主題による幻想曲(ニュージーランド響/ジャッド)

VAUGHAN WILLIAMS: Fantasias / Norfolk Rhapsody / In the Fen Country / Concerto Grosso

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.555867

全トラック選択/解除

レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ - Ralph Vaughan Williams (1872-1958)

**:**
トマス・タリスの主題による幻想曲
1.

Fantasia on a Theme by Thomas Tallis

録音: 28-30 June 2001, Michael Fowler Centre, Wellington, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/37998
 
**:**
ノーフォーク狂詩曲第1番 ホ短調
2.

Norfolk Rhapsody No. 1

録音: 28-30 June 2001, Michael Fowler Centre, Wellington, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/37999
 
**:**
沼沢地方にて
3.

In the Fen Country

録音: 28-30 June 2001, Michael Fowler Centre, Wellington, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38002
 
**:**
「グリーンスリーヴス」による幻想曲
4.

Fantasia on Greensleeves

録音: 28-30 June 2001, Michael Fowler Centre, Wellington, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38000
 
**:**
合奏協奏曲

Concerto Grosso

録音: 28-30 June 2001, Michael Fowler Centre, Wellington, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38001
**:**
»  Intrada
5.

-

**:**
»  Burlesca Ostinata
6.

-

**:**
»  Sarabande
7.

-

**:**
»  Scherzo
8.

-

**:**
»  March and Reprise
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
イギリス音楽入門決定盤にして、かつマニアの皆様にも存分にお楽しみいただける1枚の登場です。ヴォーン・ウィリアムズはイギリスの裕福な家庭に生まれ(父親は貴族、母親は食器で有名なウェッジウッド家の出身)、いにしえのイギリスの音楽やイギリス民謡を素材に取り上げることもしばし、目を閉じて耳を傾ければ、イギリスの自然や町並みが自然と目に浮かぶような作品ばかりで、まさにイギリス音楽の権化ともいうべき存在です。そんな彼の比較的小規模な管弦楽作品を集めてみましたが、いずれの曲も抒情の極致、特に(弦楽のみ曲も含め)豊麗さと渋味を兼ね備えた弦の調べの美しさは、比類ありません。
レビュアー: Tossy 投稿日:2011/08/20
英国人指揮者のジェイムス・ジャッドはこのところ毎年のように来日し、日本の様々なオーケストラに客演してお国ものやドイツロマン派などでなかなかの名演を聴かせてくれています。このアルバムでは手兵のニュージーランド交響楽団の弦の魅力を生かした「タリスファンタジア」も優れた演奏ですが、それにもまして「ノーフォーク狂詩曲第1番」が素晴らしく、かつてのエイドリアン・ボールトの名演を彷彿とさせます。なお、この曲の後半に現れるブラスや小太鼓が活躍するところを聴くと、私はいつも有名な人形劇「サンダーバード」のテーマ音楽を連想してにんまりしてしまいます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。