ホーム > アルバム > 8.555868 ウォルトン:バレエ音楽「審問」/午睡/バレエ音楽「賢い乙女たち」(イングリッシュ・ノーザン・フィルハーモニア/ロイド=ジョーンズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.555868
CD発売時期
2002年6月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, バレエ
作曲家
ウィリアム・ウォルトン William Walton
アーティスト
イングリッシュ・ノーザン・フィルハーモニア English Northern Philharmonia , デイヴィッド・ロイド=ジョーンズ David Lloyd-Jones

ウォルトン:バレエ音楽「審問」/午睡/バレエ音楽「賢い乙女たち」(イングリッシュ・ノーザン・フィルハーモニア/ロイド=ジョーンズ)

WALTON, W.: Quest / The Wise Virgins (English Northern Philharmonia, Lloyd-Jones)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.555868

全トラック選択/解除

ウィリアム・ウォルトン - William Walton (1902-1983)

**:**
バレエ音楽「審問」

The Quest (Complete Ballet)

録音: 11th-12th July 2001, The Great Hall, Leeds University, U.K.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32895
**:**
»  Scene 1: Outside the house of Archimago
1.

-

**:**
»  Scene 2: Near the Palace of Pride
2.

-

**:**
»  Scene 3: The Palace of Pride: Opening scene
3.

-

**:**
»  Scene 3: The Seven Deadly Sins: Variations 1 - 7
4.

-

**:**
»  Scene 3: The Palace of Pride: Concluding scene
5.

-

**:**
»  Scene 4: Near the Palace of Pride
6.

-

**:**
»  Scene 5: The House of Holiness
7.

-

 
**:**
シエスタ
8.

Siesta

録音: 11th-12th July, 2001, The Great Hall, Leeds University, U.K.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/755397
 
**:**
バレエ音楽「賢いおとめたち」

The Wise Virgins (Ballet Suite after J.S. Bach)

録音: 11th-12th July, 2001, The Great Hall, Leeds University, U.K.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/755398
**:**
»  What God hath done is rightly done (Cantata 199)
9.

-

**:**
»  Lord, hear my longing (Chorale Prelude, 'Herzlich tut mich')
10.

-

**:**
»  See what His love can do (Cantata 85)
11.

-

**:**
»  Ah! How ephemeral (Cantata 26)
12.

-

**:**
»  Sheep may safely graze (Cantata 208)
13.

-

**:**
»  Praise be to God (Cantata 129)
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ウォルトンの珍曲揃いのこの一枚、まず目を引くのは、バッハ作品を編曲したバレエ音楽でしょう。すっかりヒーリングなバッハとして定番化した「羊は安らかに草を食み」が含まれるのも嬉しいですが、元気な曲の派手なオーケストレーションが光ります。ということでやっぱり素晴らしいのはバレエ音楽「審問」。この豪華絢爛に鳴り響く管弦楽は、ウォルトンならでは。映画音楽的に単純に楽しめます。当録音は作曲者オリジナル版による初録音になります。「午睡」はタイトルだけで気になりますが、南イタリアへの憧れを音楽化した静かな小曲です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。