ホーム > アルバム > 8.555978 アルペンホルンのための協奏曲集(モルナー/カペラ・イストロポリターナ/シュナイダー)

アルペンホルンのための協奏曲集(モルナー/カペラ・イストロポリターナ/シュナイダー)

※現在表示されているトラックは、期間限定で、30秒の試聴制限が解除されています。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.555978
CD発売時期
2002年6月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ジャン・デトワイラー Jean Daetwyler , フェレンツ・ファルカシュ Ferenc Farkas , レオポルト・モーツァルト Leopold Mozart
アーティスト
カペラ・イストロポリターナ Capella Istropolitana , ミロスワフ・クラル Miroslav Kral , ウルス・シュナイダー Urs Schneider , スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団 Slovak Philharmonic Orchestra , ヨゼフ・モルナール Jozsef Molnar

アルペンホルンのための協奏曲集(モルナー/カペラ・イストロポリターナ/シュナイダー)

ALPHORN CONCERTOS

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.555978

全トラック選択/解除

レオポルト・モーツァルト - Leopold Mozart (1719-1787)

**:**
交響曲 ト長調 「シンフォニア・パストラーレ」 Eisen G3

Sinfonia Pastorella for Alphorn and String Orchestra

録音: 3rd to 10th May, 1987, Moyzes Hall, Bratislava, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32915
**:**
»  Allegro
1.

-

**:**
»  Andante sempre piano
2.

-

**:**
»  Presto
3.

-

ジャン・デトワイラー - Jean Daetwyler (1907-)

**:**
アルペンホルン、ピッコロと管弦楽のための自然との対話

Dialogue avec la nature for Alphorn, Piccolo and Orchestra

録音: 3rd to 10th May, 1987, Moyzes Hall, Bratislava, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32916
**:**
»  Dialogue
4.

-

**:**
»  Rondo
5.

-

フェレンツ・ファルカシュ - Ferenc Farkas (1905-2000)

**:**
アルペンホルンと弦楽オーケストラのためのコンチェルティーノ・ルスティコ

Concertino Rustico for Alphorn and String Orchestra

録音: 3rd to 10th May, 1987, Moyzes Hall, Bratislava, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32917
**:**
»  Allegro
6.

-

**:**
»  Rubato, a piacere
7.

-

**:**
»  Allegro vivace
8.

-

ジャン・デトワイラー - Jean Daetwyler (1907-)

**:**
アルペンホルンと管弦楽のための協奏曲

Concerto for Alphorn and Orchestra

録音: 3rd to 10th May, 1987, Moyzes Hall, Bratislava, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32918
**:**
»  Betruf: Largo - Moderato - Largo
9.

-

**:**
»  Hirtentanz: Scherzo
10.

-

**:**
»  Pastorale: Misterioso - Lento
11.

-

**:**
»  Totentanz: Barbaro - Furioso - Barbaro
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
アルペンホルンという楽器自体は誰もが知っています。でもそれをクラシック音楽で、しかも協奏曲のソロ楽器として使用するとなると、「えーっ?」と思う方が多いでしょう。世の中、こんな曲もあるんです。モーツァルトの父の作品ではアルペンホルンはドミソの音しか吹きません。それを如何に普通の音楽に仕立てるか、作曲家の技術を楽しみましょう。他の3作品はいずれも20世紀の音楽、但し調性は明確だからその点はご安心ください。アルペンホルンもさすがに複雑な音型に挑みます(多少調子はずれなのも魅力!)。今度は演奏家の技術に驚きましょう。これぞ真のエコ・ミュージック、かな?*8.223101の再発売品

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。