ホーム > アルバム > 8.556663 ベスト・オブ・ドビュッシー

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.556663
CD発売時期
1997年7月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
クロード・ドビュッシー Claude Debussy
編曲者
アルフレッド・リード Alfred Reed
アーティスト
キース・クラーク Keith Clark , クラーラ・ケルメンディ Klára Körmendi , コダーイ・クァルテット Kodály Quartet , スロヴァキア放送交響楽団 Slovak Radio Symphony Orchestra , ペーテル・ナジ Péter Nagy , ベルギー放送フィルハーモニー管弦楽団 Belgian Radio and Television Philharmonic Orchestra , アレクサンダー・ラハバリ Alexander Rahbari

ベスト・オブ・ドビュッシー

DEBUSSY (THE BEST OF)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.556663

全トラック選択/解除

クロード・ドビュッシー - Claude Debussy (1862-1918)

**:**
交響詩「海」 - 第1楽章 海の夜明けから真昼まで
1.

De l'aube a midi sur la mer

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/22220
 
**:**
アラベスク第1番 - アンダンティーノ
2.

Arabesque No. 1: Andantino con moto

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/22221
 
**:**
牧神の午後への前奏曲
3.

Prélude à l'après-midi d'un faune

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/22222
 
**:**
喜びの島
4.

L'isle joyeuse

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/22223
 
**:**
夜想曲 - 第3曲 シレーヌ
5.

Nocturnes: Sirenes

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/22224
 
**:**
映像 第2集 - 第3曲 金色の魚
6.

Images, Book 2: No. 3. Poissons d'or (Goldfish)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/22225
 
**:**
ベルガマスク組曲 - 第3曲 月の光
7.

Suite Bergamasque: Clair de lune

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/22226
 
**:**
アラベスク第2番 - アレグレット
8.

Arabesque No. 2: Allegretto scherzando

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/22227
 
**:**
弦楽四重奏曲 ト短調 Op. 10 - 第3楽章 Andantino doucement expressif (アンダンティーノ、甘く表情豊かに)

String Quartet No. 1 in G Minor, Op. 10: Andantino doucement expressif

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/22228
**:**
»  String Quartet No. 1: Andantino doucement expressif
9.

-

 
**:**
前奏曲集 第1集 - 第8曲 亜麻色の髪の乙女
10.

Preludes, Book 1: La fille aux cheveux de lin

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/22229
 
**:**
管弦楽のための映像 - 祭りの日の朝
11.

Le matin d'un jour de fete

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/22230
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ドビュッシーの音楽は色彩豊か。ほのかに淡い多種多様の色を使って音の絵画を書く名人でした。淡彩色の美の極みの「牧神の午後への前奏曲」や「2つのアラベスク」、情熱的な筆致を感じさせる「喜びの島」、金色や亜麻色を題名に持つピアノ曲、歌詞の無い女声合唱が変幻自在の色を見せる「シレーヌ」、まさに情景が目に浮かぶ「海」や「イベリア」、そして極めつきの音の名画「月の光」(原曲のピアノ曲ではなく、ここでは管弦楽版であるのがミソ)。音、色、そしてほのかに漂う香りまで楽しめるのがドビュッシーです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。