ホーム > アルバム > 8.556836 ベスト・オブ・フィンジ

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.556836
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 合唱曲(宗教曲), 声楽曲, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ジェラルド・フィンジ Gerald Finzi
作詞家
ウィリアム・シェイクスピア William Shakespeare , エドワード・テイラー Edward Taylor , トーマス・トラハーン Thomas Traherne , トーマス・ハーディ Thomas Hardy , エドムンド・チャールズ・ブランデン Edmund Charles Blunden , ロバート・セイモア・ブリッジズ Robert Seymour Bridges , ウィリアム・ワーズワース William Wordsworth
アーティスト
クリストファー・ウィットン Christopher Whitton , ロードリック・ウィリアムズ Roderick Williams , ジョン・マーク・エインズリー John Mark Ainsley , ハワード・グリフィス Howard Griffiths , ケンブリッジ・セント・ジョンズ・カレッジ聖歌隊 St. John's College Choir, Cambridge , ピーター・ドノホー Peter Donohoe , ノーザン・シンフォニア Northern Sinfonia , イアン・バーンサイド Iain Burnside , ティム・ヒュー Tim Hugh , デイヴィッド・ヒル David Hill , ロバート・プレーン Robert Plane , ボーンマス交響楽団 Bournemouth Symphony Orchestra , ボーンマス交響合唱団 Bournemouth Symphony Chorus , デイヴィッド・ロイド=ジョーンズ David Lloyd-Jones , ロイヤル・バレエ・シンフォニア Royal Ballet Sinfonia , クリストファー・ロビンソン Christopher Robinson

ベスト・オブ・フィンジ

FINZI (THE BEST OF)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.556836

全トラック選択/解除

ジェラルド・フィンジ - Gerald Finzi (1901-1956)

**:**
クラリネット協奏曲 ハ短調 Op. 31 - 第1楽章 アレグロ・ヴィゴローソ
1.

Clarinet Concerto, Op. 31: I. Allegro vigoroso

録音: 3-6 September 1995, Newcastle, Australia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3694048
 
**:**
花輪をささげよう Op. 18 - 第1曲 来たれ、死よ
2.

Let us garlands bring, Op. 18: No. 1. Come Away, Come Away, Death

録音: 12-14 August 2004, Potton Hall, Suffolk, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3694049
 
**:**
7つの無伴奏パートソング Op. 17 - 第4番 清く穏やかな流れ
3.

7 Unaccompanied Partsongs, Op. 17: No. 4. Clear and gentle stream

録音: 17-19 March 2001, St John's College Chapel, Cambridge, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3694050
 
**:**
前奏曲
4.

Prelude

録音: 19th - 20th March, 2000, St. Paul's, New Southgate, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3694051
 
**:**
3つの讃歌 Op. 27 - 第2番 神は召された
5.

3 Anthems, Op. 27: No. 2. God is gone up

録音: 17-19 March 2001, St John's College Chapel, Cambridge, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3694052
 
**:**
落ち葉 Op. 20
6.

The Fall of the Leaf, Op. 20

録音: 5-6 June 2007, The Concert Hall, Lighthouse, Poole, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3694053
 
**:**
聖セシリアに Op. 30
7.

For St. Cecilia, Op. 30: Delightful Goddess, in whose fashionings

録音: 4 - 5 June 2005, The Concert Hall, Lighthouse, Poole, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3694054
 
**:**
チェロ協奏曲 イ短調 Op. 40 - 第2楽章 アンダンテ・クイエート
8.

Cello Concerto in A Minor, Op. 40: II. Andante quieto

録音: 14 and 26 January 2001, Jubilee Theatre, Gosforth, Newcastle-upon-Tyne, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3694055
 
**:**
不朽の暗示 Op. 29 - 汝鳥たちよ、さればよろこびて歌え
9.

Intimations of Immortality, Op. 29: Then sing, ye Birds, sing, sing a joyous song!

録音: 4 - 5 June 2005, The Concert Hall, Lighthouse, Poole, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3694056
 
**:**
ある若者の訓戒 Op. 14 - 第1番 ある若者の訓戒
10.

A Young Man's Exhortation, Op. 14: No. 1. A Young Man's Exhortation

録音: 27-28 November 2006, Potton Hall, Westleton, Suffolk, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3694057
 
**:**
ディエス・ナタリス Op. 8 - イントラーダ
11.

Dies natalis, Op. 8: I. Intrada

録音: 5-6 June 2007, The Concert Hall, Lighthouse, Poole, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3694058
 
**:**
大地と大気と雨 Op. 15 - 第6番 ローリクム・ロールム
12.

Earth and Air and Rain, Op. 15: No. 6. Rollicum-Rorum

録音: 27-28 August 2005, Potton Hall, Suffolk, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3694059
 
**:**
地球が朽ちるまで Op. 19 - 第5番 夏のように見えない
13.

Till Earth Outwears, Op. 19: No. 5. It never looks like summer here

録音: 27-28 November 2006, Potton Hall, Westleton, Suffolk, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3694060
 
**:**
エクローグ Op. 10
14.

Eclogue for Piano and Strings, Op. 10

録音: 14 and 26 January 2001, Jubilee Theatre, Gosforth, Newcastle-upon-Tyne, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3694061
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
他の人があまり聴かない曲を聴いてみたい。そんな人にオススメしたいのがフィンジの作品です。有名曲を集めたオムニバス盤などにはほとんど登場しない極めて地味な作曲家で生涯に書いた作品は40(曲集を含む)ほど。淡い美しさに彩られた第2楽章が知られる「クラリネット協奏曲」がかろうじて知られるくらいでしょう。この1枚でフィンジの世界を堪能してください。
レビュアー: yasu 投稿日:2014/06/26
放送継続が決まったクラシック専門のインターネットラジオ「OTTAVA」で、もっともよく流れていた作曲家の一人、ジェラルド・フィンジ。イギリスの作曲家といえば、パーセル、エルガー、ホルスト、ヴォーン・ウィリアムズ、ウォルトンなどがまず思い浮かぶと思いますが、今ではこのフィンジも仲間入り。放送をお聴きの方なら一度は耳にしているであろう、ピアノと弦楽のためのエクローグ、クラリネット協奏曲、チェロ協奏曲など、ヘビープレイされている楽曲がまとめて収録されたベスト盤。じっくり聴き浸るもよし、BGMにするも良しの1枚です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。