ホーム > アルバム > 8.556841 ベスト・オブ・モンテヴェルディ

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.556841
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, 合唱曲(世俗曲), 合唱曲(宗教曲), 声楽曲
作曲家
クラウディオ・モンテヴェルディ Claudio Monteverdi
作詞家
ガブリエッロ・キアブレラ Gabriello Chiabrera , 旧約聖書 Bible - Old Testament , ジョヴァンニ・バッティスタ・グアリーニ Giovanni Battista Guarini , 新約聖書 Bible - New Testament , アレッサンドロ・ストリッジョ Alessandro Striggio , 不詳 Anonymous , オッタヴィオ・リヌッチーニ Ottavio Rinuccini
アーティスト
セルジオ・ヴァルトロ Sergio Vartolo , アレッサンドロ・カルミニャーニ Alessandro Carmignani , パオロ・コスタ Paolo Costa , コンチェルト・デッレ・ダーメ・ディ・フェッラーラ Concerto delle Dame di Ferrara , ヴィットリオ・ザノン Vittorio Zanon , サン・ペトロニオ・カペラ・ムジカーレ管弦楽団 San Petronio Cappella Musicale Orchestra , スコラーズ・バロック・アンサンブル Scholars Baroque Ensemble , デリティエ・ムジケ Delitiæ Musicæ , マウリツィオ・ピアテッリ Maurizio Piantelli , ダニエレ・ボーヨ Daniele Bovo , カルメン・レオーニ Carmen Leoni , マルコ・ロンギーニ Marco Longhini

ベスト・オブ・モンテヴェルディ

MONTEVERDI (THE BEST OF)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.556841

全トラック選択/解除

クラウディオ・モンテヴェルディ - Claudio Monteverdi (1567-1643)

**:**
聖母マリアの夕べの祈り(抜粋)

Vespers of the Blessed Virgin (excerpts)

録音: September 1993, St. Augustine’s Church, Kilburn
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/316728
**:**
»  Domine ad adiuvandum
1.

-

**:**
»  Concerto: Duo seraphim
2.

-

 
**:**
オリンピアの嘆き
3.

Lamento d'Olimpia

録音: 6th - 10th June 2001, Chiesa di Novaglie, Verona, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/316734
 
**:**
マドリガーレ第2巻 - 残酷な人よ、なぜ私から逃げるのか
4.

Madrigals, Book 2: Crudel, perche mi fuggi

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/316758
 
**:**
マドリガーレ第4巻 - そんなにも愛するなら
5.

Madrigals, Book 4: Ohime, se tanto amate

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/316759
 
**:**
マドリガーレ集 第5巻 - つれないアマリッリ
6.

Madrigals, Book 5: Cruda Amarilli

録音: 5-10 April 2003, Chiesa di San Pietro in Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/316760
 
**:**
マドリガーレ集 第6巻 - アリアンナの嘆き SV 107

Madrigals, Book 6: Lamento d'Arianna

録音: 14-18 May 2006, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/316761
**:**
»  1a parte: Lasciatemi morire
7.

-

**:**
»  2a parte: O Teseo, o Teseo mio
8.

-

**:**
»  3a parte: Dove, dove e la fede
9.

-

**:**
»  4a parte: Ahi, che non pur risponde
10.

-

**:**
»  5a parte: Misera, ancor do loco
11.

-

 
**:**
歌劇「オルフェオ」 - トッカータ
12.

L'Orfeo: Toccata

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/316799
 
**:**
歌劇「オルフェオ」 - 第3幕 希望の神よ
13.

L'Orfeo: Act III: Scorto da te

録音: August 1996, Theatre Municipal of Puy-en-Velay, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/316821
 
**:**
アマリッリよ、新しい情熱の鋭い矢が私を襲うので
14.

Amarilli onde m'assale

録音: November 1995, Church of Santa Maria del Degnano, Fumane, Verona, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/316762
 
**:**
甘いため息
15.

Dolci miei sospiri

録音: November 1995, Church of Santa Maria del Degnano, Fumane, Verona, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/316763
 
**:**
カンツォネッタ - 傲慢な目
16.

Canzonette: La fiera vista

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/316764
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
初期バロック音楽最大の作曲家、モンテヴェルディの作品集です。歌劇の様式の発展にも重要な位置を占めた人としても知られ歌劇「オルフェオ」は現在でも頻繁に演奏されます。1567年にイタリアのクレモナに生まれ、1590年にマントヴァの宮殿に仕え、1602年に宮廷楽長となりました。対位法(各声部の絡み合いの扱い)の扱いに優れ、次々に新しい多声音楽(ポリフォニー)の書法を編み出しましたが、のちに旋律線を重視し、器楽の伴奏を伴うモノディ様式へと作風は変化していきました。ここら辺が歌劇の始まりになったとされています。代表作の「聖母マリアの夕べの祈り」の清冽な美しさは他の誰にも書き得ない世界です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。