ホーム > アルバム > 8.557023 モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク/セレナータ・ノットゥルナ(スウェーデン室内管/スンドクヴィスト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557023
CD発売時期
2006年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
アーティスト
スウェーデン室内管弦楽団 Swedish Chamber Orchestra , ペッテル・スンドクヴィスト Petter Sundkvist

モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク/セレナータ・ノットゥルナ(スウェーデン室内管/スンドクヴィスト)

MOZART: Serenades No. 6 and 13, 'Eine kleine Nachtmusik' / Divertimento No. 10

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557023

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
セレナード第13番 ト長調 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 K. 525

Serenade No. 13 in G Major, K. 525, "Eine kleine Nachtmusik"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/106733
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Romance: Allegro
2.

-

**:**
»  III. Menuetto: Allegretto
3.

-

**:**
»  IV. Rondo: Allegro
4.

-

 
**:**
セレナード第6番 ニ長調 「セレナータ・ノットゥルナ」 K. 239

Serenade No. 6 in D Major, K. 239, "Serenata Notturna"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/106734
**:**
»  I. Marcia: Maestoso
5.

-

**:**
»  II. Menuetto
6.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegretto – Adagio – Allegro
7.

-

 
**:**
ディヴェルティメント第10番 ヘ長調 「ロドロン伯爵家の夜の音楽 第1番」 K.247

Divertimento No. 10 in F Major, K. 247, "Lodron Night Music No. 1"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/106735
**:**
»  I. Allegro
8.

-

**:**
»  II. Andante grazioso
9.

-

**:**
»  III. Menuetto
10.

-

**:**
»  IV. Adagio
11.

-

**:**
»  V. Menuetto
12.

-

**:**
»  VI. Andante – Allegro assai
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
セレナードの範疇に入るモーツァルトの名曲3曲です。スウェーデン室内管弦楽団の演奏は、モダン楽器でありながら、小編成でピリオド楽器的奏法も大いに取り入れており、弦楽合奏の定番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」のようなよく知られた曲でも、独特のアーティキュレーションなどが、新鮮な印象を与えてくれます。合奏協奏曲のように独奏楽器群が設定され、弦楽に加えてティンパニが参加している「セレナータ・ノットゥルナ」は、祝祭的な色彩の強い華やかな曲ですが、ピリオド奏法の威力はいよいよ明快で、リズムの歯切れのよさと、抜けのよいティンパ二の響きは演奏効果満点です。
レビュアー: Tossy 投稿日:2012/03/03
弦と2つのホルンで演奏するモーツァルトのディヴェルティメントの中で、K.247はK.334やK.287と比べても遜色ない名作ですが、人気のある二曲のような名演奏に恵まれていないように感じていました。そんな状況の下、この北欧の音楽家たちの演奏はウィーン風の流麗さとは一線を画し、ビブラートを控えてアクセントを明確に示しながら、旋律線だけでなく内声部も充実した響きを聴くことができます。私の好みに合致しており、たいへん聴きごたえのある優れた演奏だと思います。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。