ホーム > アルバム > 8.557040 イギリスのギター音楽集(デヴァイン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557040
CD発売時期
2005年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ウィリアム・ウォルトン William Walton , レノックス・バークリー Lennox Berkeley , リチャード・ロドニー・ベネット Richard Rodney Bennett , ピーター・マクスウェル・デイヴィス Peter Maxwell Davies , アラン・ロースソーン Alan Rawsthorne
編曲者
ティモシー・ウォーカー Timothy Walker
アーティスト
グレアム・アンソニー・デヴァイン Graham Anthony Devine

イギリスのギター音楽集(デヴァイン)

BRITISH GUITAR MUSIC

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557040

全トラック選択/解除

ウィリアム・ウォルトン - William Walton (1902-1983)

**:**
5つのバガテル

5 Bagatelles

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74562
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Lento
2.

-

**:**
»  III. Alla Cubana
3.

-

**:**
»  IV. (Lento)
4.

-

**:**
»  V. Con Slancio
5.

-

ピーター・マクスウェル・デイヴィス - Peter Maxwell Davies (1934-2016)

**:**
さらばストロムネス(編曲:T. ウォーカー)
6.

Farewell to Stromness (arr. T. Walker)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74563

アラン・ロースソーン - Alan Rawsthorne (1905-1971)

**:**
エレジー
7.

Elegy

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74564

レノックス・バークリー - Lennox Berkeley (1903-1989)

**:**
ソナチネ Op. 52

Sonatina, Op. 52

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74565
**:**
»  I. Allegretto
8.

-

**:**
»  II. Lento
9.

-

**:**
»  III. Rondo - Allegro non troppo
10.

-

 
**:**
主題と変奏 Op. 77
11.

Theme and Variations, Op. 77

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74566
 
**:**
ギターのための4つの小品

4 Pieces pour la guitare

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74567
**:**
»  I. Moderato ma con brio
12.

-

**:**
»  II. Andante con moto
13.

-

**:**
»  III. Lento (Sarabande)
14.

-

**:**
»  IV. Allegro, energico
15.

-

リチャード・ロドニー・ベネット - Richard Rodney Bennett (1936-2012)

**:**
5つの即興曲

5 Impromptus

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/74568
**:**
»  I. Recitativo
16.

-

**:**
»  II. Agitato
17.

-

**:**
»  III. Elegiaco
18.

-

**:**
»  IV. Con fuoco
19.

-

**:**
»  V. Arioso
20.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
当盤収録作品の多くは、偉大なギタリスト、ジュリアン・ブリームのために書かれたものです。彼のおかげで、スペインや南米のイメージが強いギター音楽の分野に、20世紀後半の英国の才人たちが期待通りのレパートリーを開拓してくれました。その中でも特に有名なウォルトンの「バガテル」に始まり、美しい哀歌6、孤高の作曲家ロースソーンならではの深みがある7、ブーランジェに作曲を師事したレノックス・バークリーによるフランス近代音楽の影響も色濃い諸作を経て、英国の現代作曲家の中でも器用なことでは天下一のロドニー・ベネットで締めくくります。自ら解説も書いた名手デヴァインは、銘器エルナンデス・イ・アグアドを使用しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。