ホーム > アルバム > 8.557052 ペンデレツキ:六重奏曲/クラリネット四重奏曲/チェロ・ディヴェルティメント

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557052
CD発売時期
2003年8月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
クシシュトフ・ペンデレツキ Krzysztof Penderecki
アーティスト
アルト・ノラス Arto Noras , ブルーノ・パスキエ Bruno Pasquier , レジス・パスキエ Régis Pasquier , マルクス・マスクニッティ Markus Maskuniitty , ユハニ・ラーゲルスペッツ Juhani Lagerspetz , ミシェル・ルティエク Michel Lethiec

ペンデレツキ:六重奏曲/クラリネット四重奏曲/チェロ・ディヴェルティメント

PENDERECKI: Sextet / Clarinet Quartet / Cello Divertimento

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557052

全トラック選択/解除

クシシュトフ・ペンデレツキ - Krzysztof Penderecki (1933-2020)

**:**
クラリネット, ホルン, ヴァイオリン, ヴィオラ, チェロとピアノのための六重奏曲

Sextet for Clarinet, Horn, Violin, Viola, Cello and Piano

録音: 19-20 June 2001, Naantali Parish Hall, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39150
**:**
»  Allegro moderato
1.

-

**:**
»  Larghetto
2.

-

 
**:**
クラリネット四重奏曲

Clarinet Quartet

録音: 19-20 June 2001, Naantali Parish Hall, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39151
**:**
»  Notturno: Adagio
3.

-

**:**
»  Scherzo: Vivacissimo
4.

-

**:**
»  Serenade: Tempo di Valse
5.

-

**:**
»  Abschied: Larghetto
6.

-

 
**:**
クラリネットとピアノのための3つの小品

3 Miniatures for Clarinet and Piano

録音: 19-20 June 2001, Naantali Parish Hall, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39152
**:**
»  Allegro
7.

-

**:**
»  Andante cantabile
8.

-

**:**
»  Allegro ma non troppo
9.

-

 
**:**
独奏チェロのためのディヴェルティメント

Divertimento for Solo Cello

録音: 19-20 June 2001, Naantali Parish Hall, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39153
**:**
»  Sarabande
10.

-

**:**
»  Serenade
11.

-

**:**
»  Scherzo
12.

-

**:**
»  Notturno
13.

-

 
**:**
クラリネット独奏のための前奏曲
14.

Prelude for Solo Clarinet

録音: 19-20 June 2001, Naantali Parish Hall, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39154
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
前衛の旗手として頭角を現してから現在に至るまで、世界的作曲家として活躍するポーランドのペンデレツキ。20世紀の最終年に書かれた「六重奏曲」は全曲で30分を超える力作で、動的な第1楽章と思索的な第2楽章と共に、作曲者の力量がものの見事に発揮されています。ロストロポーヴィチに献呈された無伴奏チェロのための「ディヴェルティメント」は、当盤では現代音楽得意の世界的チェリスト、ノラスが弾いているのも注目。他の収録曲は、いずれもクラリネットのための作品で、20世紀音楽として貴重なもの。耳がついていかない、なんてことはありません。室内楽ファンに広くお薦めします。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。