ホーム > アルバム > 8.557093 ハイドン:交響曲集 28 - 第37番 - 第40番(ケルン室内管/ミュラー=ブリュール)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557093
CD発売時期
2005年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn
アーティスト
ケルン室内管弦楽団 Cologne Chamber Orchestra , ヘルムート・ミュラー=ブリュール Helmut Müller-Brühl

ハイドン:交響曲集 28 - 第37番 - 第40番(ケルン室内管/ミュラー=ブリュール)

HAYDN: Symphonies, Vol. 28 (Nos. 37, 38, 39, 40)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557093

全トラック選択/解除

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
交響曲第37番 ハ長調 Hob.I:37

Symphony No. 37 in C Major, Hob.I:37

録音: 24 - 28 May 2002, Sendesaal DLR, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/46522
**:**
»  I. Presto
1.

-

**:**
»  II. Menuet
2.

-

**:**
»  III. Andante
3.

-

**:**
»  IV. Presto
4.

-

 
**:**
交響曲第38番 ハ長調 Hob.I:38

Symphony No. 38 in C Major, Hob.I:38

録音: 24 - 28 May 2002, Sendesaal DLR, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/46523
**:**
»  I. Allegro di molto
5.

-

**:**
»  II. Andante molto
6.

-

**:**
»  III. Menuet: Allegro
7.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro di molto
8.

-

 
**:**
交響曲第39番 ト短調 Hob.I:39

Symphony No. 39 in G Minor, Hob.I:39

録音: 24 - 28 May 2002, Sendesaal DLR, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/46524
**:**
»  I. Allegro assai
9.

-

**:**
»  II. Andante
10.

-

**:**
»  III. Menuet
11.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro di molto
12.

-

 
**:**
交響曲第40番 ヘ長調 Hob.I:40

Symphony No. 40 in F Major, Hob.I:40

録音: 24 - 28 May 2002, Sendesaal DLR, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/46525
**:**
»  I. Allegro
13.

-

**:**
»  II. Allegro più tosto allegretto
14.

-

**:**
»  III. Menuet
15.

-

**:**
»  IV. Finale - Fuga: Allegro
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
第37、38番は、しばし祝祭的な雰囲気を表現されるために使用されるハ長調によります。第37番には異稿も存在しますが、ここではティンパニとトランペットを使用する稿を使用しているので、その雰囲気はより強調されたものとなっています。第39番は典型的な疾風怒濤様式で、モーツァルトの2交響曲をどうしても連想してしまうト短調ですが、その期待は裏切られない、情熱的な曲想を持ちます。特に第1楽章の和声進行やパウゼは、大変に強い印象を残します。第40番は、わざわざ銘打って終楽章にフーガを配置していることが注目されます。かなり自由な形式のものですが、旋律の重なり合いが力強く全曲の終結を導きます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。