ホーム > アルバム > 8.557098 バイヤー:バレエ音楽「人形の精」/「太陽と地球」(スロヴァキア放送響/モグレリア)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557098
CD発売時期
2004年6月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
バレエ
作曲家
ヨーゼフ・バイヤー Josef Bayer
アーティスト
スロヴァキア放送交響楽団 Slovak Radio Symphony Orchestra , アンドリュー・モグレリア Andrew Mogrelia

バイヤー:バレエ音楽「人形の精」/「太陽と地球」(スロヴァキア放送響/モグレリア)

BAYER: Fairy Doll (The) (Complete Ballet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557098

全トラック選択/解除

ヨーゼフ・バイヤー - Josef Bayer (1852-1913)

**:**
バレエ音楽「人形の精」

Die Puppenfee (The Fairy Doll)

録音: 10-14 June 2002, Concert Hall, Slovak Radio, Bratislava
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/43426
**:**
»  Vorspiel: Allegro
1.

-

**:**
»  No. 1 Allegro
2.

-

**:**
»  No. 2
3.

-

**:**
»  No. 3 Lento
4.

-

**:**
»  No. 4 Moderato
5.

-

**:**
»  No. 5 Moderato
6.

-

**:**
»  No. 6 Lento: Oberösterreicherin
7.

-

**:**
»  No. 7 Baby: Allegretto
8.

-

**:**
»  No. 8 Chinesin: Allegretto
9.

-

**:**
»  No. 9 Spanierin: Allegro
10.

-

**:**
»  No. 10 Japanerin: Lento
11.

-

**:**
»  No. 11 Harlekin: Allegro
12.

-

**:**
»  No. 12 Moderato
13.

-

**:**
»  No. 13 Allegro
14.

-

**:**
»  No. 14 Andante
15.

-

**:**
»  No. 15 Waltz
16.

-

**:**
»  No. 16 Ballabile
17.

-

**:**
»  No. 17
18.

-

**:**
»  No. 18 Marsch
19.

-

**:**
»  No. 19 Galop
20.

-

**:**
»  No. 20
21.

-

 
**:**
バレエ音楽「太陽と地球」

Sonne und Erde (Sun and Earth)

録音: 10-14 June 2002, Concert Hall, Slovak Radio, Bratislava
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/43427
**:**
»  Prelude
22.

-

**:**
»  Scene IV 'Winter': Polka
23.

-

**:**
»  Scene IV 'Winter': Walzer
24.

-

**:**
»  Scene I 'Spring': Sternenmusik: Andante
25.

-

**:**
»  Scene I 'Spring': Allegorie: Moderato
26.

-

**:**
»  Scene I 'Spring': Allegretto
27.

-

**:**
»  Scene I 'Spring': Allegretto
28.

-

**:**
»  Scene I 'Spring': Andante - Allegretto - Polka
29.

-

**:**
»  Scene I 'Spring': Allegro - Walzer - Galop
30.

-

**:**
»  Scene I 'Spring': Moderato
31.

-

**:**
»  Scene I 'Spring': Polka
32.

-

**:**
»  Scene I 'Spring': Walzer - Polka
33.

-

**:**
»  Scene I 'Spring': Cadenza
34.

-

**:**
»  Scene I 'Spring': Andante
35.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
パソコンや携帯電話は当たり前、大量の情報が目まぐるしく飛び交う21世紀と、19世紀とでは、もちろん人間の感覚は同じではありません。例えばニューイヤーコンサートでシュトラウスのワルツを次々と聴いていると、こののんびりした時間感覚は、やはり元々は19世紀のものなんだという気がしてきます。そして当盤のバイヤーのバレエ音楽にしても、それは同じです。舞台の情景を思い浮かべながら、職人芸的筆さばきで書かれた舞曲の連続を耳にしていると、慌しい日常とは異なった、別世界にいるような気分にさせられます。強い刺激に慣れきった現代人にとって、一服の清涼剤と申せましょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。