ホーム > アルバム > 8.557111 ジョンゲン:フルートソナタ/フルート三重奏曲/ゆるやかな踊り/悲歌(グラウウェルス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557111
CD発売時期
2002年9月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ジョセフ・ジョンゲン Joseph Jongen
アーティスト
マリー・アランク Marie Hallynck , ソフィー・ハリンク Sophie Hallynck , ダリア・ウズィエル Dalia Ouziel , マルク・グローウェルス Marc Grauwels , Brussels Royal Academy of Music Flute Quartet

ジョンゲン:フルートソナタ/フルート三重奏曲/ゆるやかな踊り/悲歌(グラウウェルス)

JONGEN: Flute Sonata / Flute Trio / Danse lente / Élégie

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557111

全トラック選択/解除

ジョセフ・ジョンゲン - Joseph Jongen (1873-1953)

**:**
フルートとハープのための緩やかな舞曲 Op. 56bis

Danse lente pour flute et harpe, Op. 56bis

録音: Dec 1997, Concert Hall of the "Conservatoire Royal de Musique de Bruxelles"
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35873
**:**
»  Modéré (sans lenteur)
1.

-

 
**:**
フルート, チェロとハープのための三重奏曲 Op. 80

Trio pour flute, violoncelle et harpe, Op. 80

録音: Dec 1997, Concert Hall of the
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2731437
**:**
»  I. Assez lent
2.

-

**:**
»  II. Allegretto moderato - Tres modéré - Vif
3.

-

 
**:**
Sonate pour flute et piano, Op. 77

録音: Dec 1997, Concert Hall of the
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2731438
**:**
»  I. Prelude: Modéré
4.

-

**:**
»  II. Tres anime
5.

-

**:**
»  III. Modéré
6.

-

**:**
»  IV. Gigue: Allegro
7.

-

 
**:**
4本のフルートのための悲歌 Op. 164

Élégie pour quatre flutes, Op. 114

録音: Dec 1997, Concert Hall of the Conservatoire Royal de Musique de Bruxelles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2731439
**:**
»  Assez lent
8.

-

 
**:**
Deux paraphrases sur des Noels wallons pour trois flutes et une flute alto, Op. 114, Nos. 1 and 2

録音: Dec 1997, Concert Hall of the Conservatoire Royal de Musique de Bruxelles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2731440
**:**
»  "Houte on pau …": Allegro amabile
9.

-

**:**
»  "Qui vout dire coula, fre mati?": Allegro tranquillo - Allegro - Gai
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 山尾敦史 投稿日:2008/08/28
バロック以降の音楽史においては、フランスやドイツ、オランダの陰に隠れがちだったベルギー。ドビュッシーら近代フランス音楽の影響をダイレクトに受けたヨンゲンは、ベルギーの復興を“ひっそりと”訴えかける作曲家です。フルートとハープのデュオによるわずか4分ほどの「ゆるやかな踊り」で、ドビュッシーなど近代フランス音楽好きは虜になってしまうでしょう。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
20世紀前半、ベルギーで活躍したヨンゲンですが、残念ながらまだまだ知名度は低く、一部の作品がマニア受けするのみに留まっているのは、何とも惜しまれます。が、その作風は後期ロマン派と印象派のいいとこ取りをしたような、豊かな色彩感と洒落たセンスに恵まれ、大変に親しみやすいものです。当盤の収録曲のいずれもが、それぞれの楽器編成の妙を活かしきったものとなってますが、中でも注目したいのは作品114に属するフルート4本のための8~10です。素朴にして深い悲しみと安寧への希求を表すかのような曲達ですが、こんな曲が成立した背景には、作曲当時に開始されたナチスによるベルギー侵攻も無関係ではないでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。