ホーム > アルバム > 8.557113 サマヴェル:無垢の歌/ジェームズリーの妻/シュラップシャーの若者(英国歌曲第2集)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557113
CD発売時期
2002年11月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
アーサー・サマヴェル Arthur Somervell
作詞家
マシュー・アーノルド Matthew Arnold , アーサー・サマヴェル Arthur Somervell , ウィリアム・シェイクスピア William Shakespeare , フィリップ・シドニー Philip Sidney , アルフレッド・テニスン Alfred Tennyson , 伝承 Traditional , 不詳 Anonymous , ウィリアム・ブレイク William Blake , ロバート・ブローイング Robert Browning , A・E・ホースマン A.E. Housman
アーティスト
キャサリン・ウィン=ロジャース Catherine Wyn-Rogers , グレアム・ジョンソン Graham Johnson , デューク四重奏団 Duke Quartet , クリストファー・モルトマン Christopher Maltman , パトリシア・ロザリオ Patricia Rozario

サマヴェル:無垢の歌/ジェームズリーの妻/シュラップシャーの若者(英国歌曲第2集)

SOMERVELL, A.: Shropshire Lad (The) / James Lee's Wife / Songs of Innocence (English Song, Vol. 2) (Rozario, Wyn-Rogers, Maltman, G. Johnson)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557113

全トラック選択/解除

アーサー・サマヴェル - Arthur Somervell (1863-1937)

**:**
おお、わが愛しの人よ
1.

O mistress mine

録音: 23-25 March 1998, All Saint's Church, East Finchley, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34907
 
**:**
竪琴を持ったオルフェウスは
2.

Orpheus with his lute

録音: 23-25 March 1998, All Saint's Church, East Finchley, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8592942
 
**:**
Sweet Kate
3.
録音: 23-25 March 1998, All Saint's Church, East Finchley, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8592943
 
**:**
Songs of Innocence

録音: 23-25 March 1998, All Saint's Church, East Finchley, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8592944
**:**
»  No. 1. The shepherd
4.

-

**:**
»  No. 2. The blossom
5.

-

**:**
»  No. 3. The lamb
6.

-

**:**
»  No. 4. Nurse's Song
7.

-

 
**:**
Maud (excerpts)

録音: 23-25 March 1998, All Saint's Church, East Finchley, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8592945
**:**
»  No. 5. Birds in the high Hall-garden
8.

-

**:**
»  No. 7. Go not, happy day
9.

-

**:**
»  No. 9. Come into the garden, Maud
10.

-

 
**:**
James Lee's Wife

録音: 23-25 March 1998, All Saint's Church, East Finchley, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8592946
**:**
»  No. 1. James Lee's Wife speaks at the window
11.

-

**:**
»  No. 2. By the fireside
12.

-

**:**
»  No. 3. In the doorway
13.

-

**:**
»  No. 4. On the cliff
14.

-

**:**
»  No. 5. Among the rocks
15.

-

 
**:**
The Bargain
16.
録音: 23-25 March 1998, All Saint's Church, East Finchley, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8592947
 
**:**
Fain would I change that note
17.
録音: 23-25 March 1998, All Saint's Church, East Finchley, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8592948
 
**:**
羊飼いの子守歌
18.

Shepherd's cradle song

録音: 23-25 March 1998, All Saint's Church, East Finchley, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8592949
 
**:**
夢の中で私のところに来て
19.

Come to me in my dreams

録音: 23-25 March 1998, All Saint's Church, East Finchley, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8592950
 
**:**
Long in Springtime: No. 2. Dainty little maiden
20.
録音: 23-25 March 1998, All Saint's Church, East Finchley, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8592951
 
**:**
When Spring returns
21.
録音: 23-25 March 1998, All Saint's Church, East Finchley, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8592952
 
**:**
The Shropshire Lad

録音: 23-25 March 1998, All Saint's Church, East Finchley, London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8592953
**:**
»  No. 1. Lovliest of trees
22.

-

**:**
»  No. 2. When I was one-and-twenty
23.

-

**:**
»  No. 3. There pass the careless people
24.

-

**:**
»  No. 4. In summer-time on Bredon
25.

-

**:**
»  No. 5. The street sounds to a soldier's tread
26.

-

**:**
»  No. 6. On the idle hill of summer
27.

-

**:**
»  No. 7. White in the moon the long road lies
28.

-

**:**
»  No. 8. Think no more lad, laugh, be jolly
29.

-

**:**
»  No. 9. Into my heart an air that kills
30.

-

**:**
»  No. 10. The lads in their hundreds
31.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
余り知られていませんが、19世紀後半生まれの英国作曲家による抒情的歌曲には、正に秘曲と呼ぶに相応しい魅惑的な作品群があります。それらは無調なんてことは決してなく、聴き手を陶酔させるような、一聴して美しいと感じさせる旋律の花束。知られざる佳品を発見する喜びが用意されているのです。その作曲家の一人がスタンフォードやパリーに師事したサマヴェル。伴奏パートがまた秀逸で、ピアノは常に雄弁に語り、中には11~15のように弦楽四重奏が加わる曲集もあります。3つの声域の歌手を起用した贅沢な録音。 過去に別レーベル(COLLINS)から出た音源を使用しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。