ホーム > アルバム > 8.557130 ラター:レクイエム/讃美歌(ケンブリッジ・クレア・カレッジ聖歌隊/シティ・オブ・ロンドン・シンフォニア/ブラウン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.557130
CD発売時期
2003年4月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 器楽曲
作曲家
ジョン・ラター John Rutter
作詞家
不詳 Anonymous , ミサ典礼文 Mass Text , Bianco de Siena
アーティスト
ケンブリッジ・クレア・カレッジ聖歌隊 Clare College Choir, Cambridge , ニコラス・コロン Nicholas Collon , シティ・オブ・ロンドン・シンフォニア City of London Sinfonia , カレン・ジョーンズ Karen Jones , エリン・マナハン・トーマス Elin Manahan Thomas , ティモシー・ブラウン Timothy Brown , ニコラス・リンマー Nicholas Rimmer

ラター:レクイエム/讃美歌(ケンブリッジ・クレア・カレッジ聖歌隊/シティ・オブ・ロンドン・シンフォニア/ブラウン)

RUTTER, J.: Requiem / Anthems (Clare College Choir, Cambridge, City of London Sinfonia, T. Brown)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557130

全トラック選択/解除

ジョン・ラター - John Rutter (1945-)

**:**
レクイエム

Requiem

録音: July 2002, Douai Abbey, Berkshire, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/37082
**:**
»  Requiem aeternam
1.

-

**:**
»  Out of the deep
2.

-

**:**
»  Pie Jesu
3.

-

**:**
»  Sanctus
4.

-

**:**
»  Agnus Dei
5.

-

**:**
»  The Lord is my shepherd
6.

-

**:**
»  Lux aeterna
7.

-

 
**:**
Advent Anthem for choir and organ: Arise, shine
8.
録音: July 2002, Douai Abbey, Berkshire, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/37083
 
**:**
来たりて聖なるものを愛でよ
9.

Anthem for double choir: Come down, O Love divine

録音: July 2002, Douai Abbey, Berkshire, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/37084
 
**:**
Anthem for choir and flute: Musica Dei donum
10.
録音: July 2002, Douai Abbey, Berkshire, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/37085
 
**:**
2 Blessings for choir and organ

録音: July 2002, Douai Abbey, Berkshire, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/37086
**:**
»  A Clare Benediction
11.

-

**:**
»  Go forth into the world in peace
12.

-

 
**:**
2 Organ Pieces

録音: July 2002, Douai Abbey, Berkshire, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/37087
**:**
»  Toccata in 7
13.

-

**:**
»  Variations on an Easter theme
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
20世紀末、日本の合唱団が、イギリスのラターという余り有名でない作曲家の「レクィエム」をしばしば歌うようになりました。今やこの曲はすっかり定着、「ピエ・イエズ」などはヒーリングの定番の地位を確保。作曲技法は極めて平易で、ゴスペル、ミュージカルなど同時代の音楽の影響を受けつつ、決して通俗に堕すことがないのだから、愛されて当然です。当盤はラター自身がプロデュース(交通事故で若くして亡くなった息子に捧げられました)、作曲者ゆかりの合唱団で今や歌唱の美しさでは敵なしの聖歌隊を起用。「レクィエム」では録音が珍しいアンサンブル・バージョン(オルガンの暖かいサウンドが涙物)の採用、美しいアンセムや珍しいオルガン曲の収録に、マニアも満足です。
レビュアー: tanukawa 投稿日:2011/03/13
今回の震災にあたって私が出来ることはあまりも少なくて、せめてもの祈りの気持ちを音楽ファンの端くれとして寄せることぐらいしかできません。ただただ美しくため息が出る音楽の祈祷がせめて届くことがあればと思います

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。