ホーム > アルバム > 8.557143 ディーリアス:春初めてのカッコウを聞いて(ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管/ロイド=ジョーンズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557143
CD発売時期
2004年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
フレデリック・ディーリアス Frederick Delius
アーティスト
デイヴィッド・ロイド=ジョーンズ David Lloyd-Jones , ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団 Royal Scottish National Orchestra

ディーリアス:春初めてのカッコウを聞いて(ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管/ロイド=ジョーンズ)

DELIUS: On Hearing the First Cuckoo in Spring

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557143

全トラック選択/解除

フレデリック・ディーリアス - Frederick Delius (1862-1934)

**:**
奇想行進曲
1.

Marche Caprice

録音: 20-21 August 2002, Royal Glasgow Concert Hall, Glasgow, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40980
 
**:**
3つの小さな音詩

3 Small Tone Poems

録音: 20-21 August 2002, Royal Glasgow Concert Hall, Glasgow, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40981
**:**
»  No. 1. Summer Evening
2.

-

**:**
»  No. 2. Winter Night, "Sleigh Ride"
3.

-

**:**
»  No. 3. Spring Morning
4.

-

 
**:**
アメリカ狂詩曲
5.

American Rhapsody

録音: 20-21 August 2002, Royal Glasgow Concert Hall, Glasgow, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40982
 
**:**
歌劇「村のロメオとジュリエット」 - 楽園への道
6.

A Village Romeo and Juliet: The Walk to the Paradise Garden

録音: 20-21 August 2002, Royal Glasgow Concert Hall, Glasgow, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40983
 
**:**
小管弦楽のための2つの小品

2 Pieces for Small Orchestra

録音: 20-21 August 2002, Royal Glasgow Concert Hall, Glasgow, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40984
**:**
»  No. 1. On Hearing the First Cuckoo in Spring
7.

-

**:**
»  No. 2. Summer Night on the River
8.

-

 
**:**
夜明け前の歌
9.

A Song before Sunrise

録音: 20-21 August 2002, Royal Glasgow Concert Hall, Glasgow, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40985
 
**:**
幻想的舞曲
10.

Fantastic Dance

録音: 20-21 August 2002, Royal Glasgow Concert Hall, Glasgow, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40986
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 山尾敦史 投稿日:2008/08/28
R・シュトラウスの官能+ドビュッシーの幻惑+グリーグの素朴さに、ノスタルジーという味付けをしたのがディーリアスの音楽。人々から追われた恋人たちが夢の国を目指して歩く「楽園への道」(そこはかとない響きに涙)、夏の夜の光彩を音にした「河の上の夏の夜」(蛍が飛んでいるかのような幻想音楽スケッチ)など、一度虜になったら離れられない、独特の音楽です。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
耳の肥えたディーリアス・ファンが多い本国イギリスの「グラモフォン」誌で絶賛された、本物のアルバムの登場です。まず選曲では有名曲に加えて、4や10のように他の録音が少ないアイテムを混ぜ、作曲年順に、作曲者の生涯を辿るように収録しました。そして何よりロイド=ジョーンズの棒が、楽想の微妙な変化を漏らさず、ディーリアスの音楽を見事に表現(特に3や6は絶品!)。さらに録音もオケのサウンドを的確に捉えています。正に三拍子揃った名盤の見本のような一枚で、ディーリアス初心者から熱烈なファンまで、広くお薦めします。それにしても、この季節感の鋭さ、やっぱりディーリアスは、たまりません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。