ホーム > アルバム > 8.557145 バックス:交響曲第7番/交響詩「ティンタジェル城」(ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管/ロイド=ジョーンズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557145
CD発売時期
2003年11月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アーノルド・バックス Arnold Bax
アーティスト
デイヴィッド・ロイド=ジョーンズ David Lloyd-Jones , ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団 Royal Scottish National Orchestra

バックス:交響曲第7番/交響詩「ティンタジェル城」(ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管/ロイド=ジョーンズ)

BAX: Symphony No. 7 / Tintagel

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557145

全トラック選択/解除

アーノルド・バックス - Arnold Bax (1883-1953)

**:**
交響詩「ティンタジェル城」
1.

Tintagel

録音: 21-22 August 2002, Royal Scottish National Concert Hall, Glasgow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39996
 
**:**
交響曲第7番

Symphony No. 7

録音: 21-22 August 2002, Royal Scottish National Concert Hall, Glasgow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39997
**:**
»  I. Allegro
2.

-

**:**
»  II. Lento - In Legendary Mood: Più mosso - Tempo I
3.

-

**:**
»  III. Theme and Variations: Allegro - Andante - Vivace - Epilogue
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ティンタジェルとは、ブックレット表紙の絵にあるように、海辺の切り立った崖の上にあるお城の名前ですが、この何とも雄大な風景と、この城に関連するともいわれるアーサー王伝説、トリスタン伝説といった壮大なストーリーは、バックスのイマジネーションに火をつけたようです。15分弱のほどよい長さに、卓越したオーケストレーションの手腕が発揮され、例を見ないほどドラマチックな展開が詰め込まれています。バックス作品の入門編としても最適といえましょう。一方、彼の最後の交響曲である第7番は、円熟、豊麗の極みというべき充実振りです。終楽章が変奏曲の形式によっていることも注目されます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。