ホーム > アルバム > 8.557149 ペンデレツキ:ルカ受難曲(ワルシャワ・フィル/ヴィト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557149
CD発売時期
2004年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
クシシュトフ・ペンデレツキ Krzysztof Penderecki
作詞家
旧約聖書 Bible - Old Testament , 新約聖書 Bible - New Testament
アーティスト
アントニ・ヴィト Antoni Wit , アダム・クルシェフスキ Adam Kruszewski , イザベッラ・クロシンスカ Izabella Kłosińska , クシシュトフ・コルベルガー Krzysztof Kolberger , ロムアルト・テサロヴィチ Romuald Tesarowicz , ワルシャワ・フィルハーモニー合唱団 Warsaw Philharmonic Choir , ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団 Warsaw Philharmonic Orchestra , ワルシャワ少年合唱団 Warsaw Boys Choir

ペンデレツキ:ルカ受難曲(ワルシャワ・フィル/ヴィト)

PENDERECKI, K.: St. Luke Passion (Klosinska, Kruszewski, Tesarowicz, Kolberger, Warsaw National Philharmonic, Wit)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557149

全トラック選択/解除

クシシュトフ・ペンデレツキ - Krzysztof Penderecki (1933-2020)

**:**
ルカ受難曲

St. Luke Passion

録音: 01 - 03 September 2002, Warsaw Philharmonic Hall, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40482
**:**
»  Part I: O Crux ave (Hymn 'Vexilla Regis prodeunt')
1.

-

**:**
»  Part I: Et egressus (St. Luke)
2.

-

**:**
»  Part I: Deus meus (Psalm 21)
3.

-

**:**
»  Part I: Domine, quis habitabit (Psalms 14, 4 & 15)
4.

-

**:**
»  Part I: Adhuc eo loquente (St. Luke)
5.

-

**:**
»  Part I: Ierusalem (Lamentation of Jeremiah)
6.

-

**:**
»  Part I: Ut quid, Domine (Psalm 9)
7.

-

**:**
»  Part I: Comprehendentes autem eum (St. Luke)
8.

-

**:**
»  Part I: Iudica me, Deus (Psalm 42)
9.

-

**:**
»  Part I: Et viri, qui tenebant illum (St. Luke)
10.

-

**:**
»  Part I: Ierusalem (Lamentation of Jeremiah)
11.

-

**:**
»  Part I: Miserere mei, Deus (Psalm 55)
12.

-

**:**
»  Part I: Et surgens omnis (St. Luke)
13.

-

**:**
»  Part II: Et in pulverem (Psalm 21)
14.

-

**:**
»  Part II: Et baiulans sibi crucem (St. Luke)
15.

-

**:**
»  Part II: Popule meus (Improperia)
16.

-

**:**
»  Part II: Ibi crucifixerunt eum (St. Luke)
17.

-

**:**
»  Part II: Crux fidelis (Antiphons from 'Pange lingua')
18.

-

**:**
»  Part II: Dividentes vero (St. Luke)
19.

-

**:**
»  Part II: ...in pulverem mortis (Psalm 21)
20.

-

**:**
»  Part II: Et stabat populus (St. Luke)
21.

-

**:**
»  Part II: Unus autem (St. Luke)
22.

-

**:**
»  Part II: Stabant autem iuxta crucem (St. John)
23.

-

**:**
»  Part II: Stabat Mater (Sequence)
24.

-

**:**
»  Part II: Erat autem fere hora sexta (St. Luke, St. John)
25.

-

**:**
»  Part II: Alla breve
26.

-

**:**
»  Part II: In pulverem mortis... / In te, Domine, speravi (Psalm 30)
27.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
オーディオのボリュームに注意してプレイしてください。冒頭の一撃から、突然に現れる長調の和音で全曲を閉じるまで、正に衝撃の連続の音楽が、聴き手の耳に突き刺さります。ペンデレツキの作曲活動としては比較的初期に書かれた「ルカ受難曲」は、まるで受難曲がこのような現代的な語法で作曲されることを待ち望んでいたのではないかと思われるほど、古今東西の作曲家たちが挑んできたキリスト受難の物語を、はちきれんばかりの切迫感をもって痛切に描きます。シュプレヒコール的な手法も多用し、人間の声の表現力を極限まで利用。当演奏では合唱団の優秀さも特筆すべきものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。