ホーム > アルバム > 8.557157 パヴロワ:交響曲第1番, 第3番(ロシア・フィル/クリメッツ/ヴェデルニコフ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557157
CD発売時期
2003年11月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アッラ・パヴロワ Alla Pavlova
アーティスト
ミハイル・アダモヴィチ Mikhail Adamovich , アレクサンドル・ヴェデルニコフ Alexander Vedernikov , コンスタンティン・クリメッツ Konstantin Krimetz , ミハイル・シェスタコフ Mikhail Shestakov , レオニード・レベデフ Leonid Lebedev , ロシア・フィルハーモニー管弦楽団 Russian Philharmonia Orchestra , Valery Brill , Nikolay Lotakov , Olga Vedernikova

パヴロワ:交響曲第1番, 第3番(ロシア・フィル/クリメッツ/ヴェデルニコフ)

PAVLOVA, A.: Symphonies Nos. 1 and 3 (Russian Philharmonia, Krimetz, Vedernikov)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557157

全トラック選択/解除

アッラ・パヴロワ - Alla Pavlova (1952-)

**:**
交響曲第1番 「さようならロシア」
1.

Symphony No. 1, "Farewell Russia"

録音: 1 June 1995, Russian Broadcasting Studios, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40162
 
**:**
交響曲第3番

Symphony No. 3

録音: 1 June 1995, Russian Broadcasting Studios, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40163
**:**
»  Movement 1
2.

-

**:**
»  Movement 2
3.

-

**:**
»  Movement 3
4.

-

**:**
»  Movement 4
5.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ニューヨークに在住のパヴロワが、自らの生まれ故郷であるロシアに対する思いや感覚を、たっぷり込めて作曲された交響曲第1番は、室内管弦楽のための作品ということもあり、不思議な軽やかさと透明感に満たされたノスタルジックな響きがします。一方第3番の方は、ニューヨークにあるジャンヌ・ダルクのモニュメントにインスパイアされたという作品ですが、ほとんどこれはロマン派の作品かと思わせる甘~い(されど透明感のある)楽想のオンパレードです。作曲者には申し訳ありませんが、ひょっとするとこちらの方が、「さようならロシア」のタイトルにふさわしく聴こえるかも!?

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。