ホーム > アルバム > 8.557166 エルガー:子供の魔法の杖/組曲「子供部屋」(ニュージーランド響/ジャッド)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557166
CD発売時期
2004年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
エドワード・エルガー Edward Elgar
アーティスト
ジェイムス・ジャッド James Judd , ニュージーランド交響楽団 New Zealand Symphony Orchestra

エルガー:子供の魔法の杖/組曲「子供部屋」(ニュージーランド響/ジャッド)

ELGAR: Wand of Youth / Nursery Suite

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557166

全トラック選択/解除

エドワード・エルガー - Edward Elgar (1857-1934)

**:**
子供の魔法の杖 組曲第1番 Op. 1a

The Wand of Youth - Suite No. 1, Op. 1a

録音: 11 - 15 November 2002, Michael Fowler Centre, Wellington, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/42439
**:**
»  I. Overture
1.

-

**:**
»  II. Serenade
2.

-

**:**
»  III. Minuet
3.

-

**:**
»  IV. Sun Dance
4.

-

**:**
»  V. Fairy Pipers
5.

-

**:**
»  VI. Slumber Scene
6.

-

**:**
»  VII. Fairies and Giants
7.

-

 
**:**
子供の魔法の杖 組曲第2番 Op. 1b

The Wand of Youth - Suite No. 2, Op. 1b

録音: 11-15 November 2002, Michael Fowler Centre, Wellington, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/42463
**:**
»  I. March
8.

-

**:**
»  II. Little Bells
9.

-

**:**
»  III. Moths and Butterflies
10.

-

**:**
»  IV. Fountain Dance
11.

-

**:**
»  V. The Tame Bear
12.

-

**:**
»  VI. The Wild Bears
13.

-

 
**:**
夢の中の子供たち Op. 43

Dream Children, Op. 43

録音: 11 - 15 November 2002, Michael Fowler Centre, Wellington, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/42464
**:**
»  I. Andante
14.

-

**:**
»  II. Allegretto piacevole
15.

-

 
**:**
組曲「子供部屋」

Nursery Suite

録音: 11-15 November 2002, Michael Fowler Centre, Wellington, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/42440
**:**
»  I. Aubade
16.

-

**:**
»  II. The Serious Doll
17.

-

**:**
»  III. Busy-Ness
18.

-

**:**
»  IV. The Sad Doll
19.

-

**:**
»  V. The Wagon (Passes)
20.

-

**:**
»  VI. The Merry Doll
21.

-

**:**
»  VII. Dreaming
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
当盤には、エルガーの管弦楽作品の中でも、少年時代へのノスタルジーという、共通する要素を持った楽曲が集められています。目まぐるしい動きが演奏効果抜群で、アンコールピースとして単独でも演奏される「野生の熊」を例外として、演奏機会に恵まれない曲が多いですが、練達の極みともいうべき、巧みなオーケストレーションにより描き出される、優しさと品格に溢れた楽想は、素敵な癒しのひとときを約束してくれます。声高に何かを主張するような音楽ではなく、誰しもが通過する少年・少女時代の思い出という、心の琴線にそっと触れてくるような音楽、といったところでしょうか。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。