ホーム > アルバム > 8.557196 ブリテン:シンフォニア・ダ・レクイエム/交響組曲「グローリアーナ」/4つの海の間奏曲とパッサカリア(ロンドン響/ヘッドフォード)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557196
CD発売時期
2005年5月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ベンジャミン・ブリテン Benjamin Britten
アーティスト
オージアン・エリス Osian Ellis , アレクサンダー・テイラー Alexander Taylor , スチュアート・ベッドフォード Steuart Bedford , カイロン・ムーア Keiron Moore , ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra

ブリテン:シンフォニア・ダ・レクイエム/交響組曲「グローリアーナ」/4つの海の間奏曲とパッサカリア(ロンドン響/ヘッドフォード)

BRITTEN: Sinfonia da Requiem / Gloriana Suite / Sea Interludes

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557196

全トラック選択/解除

ベンジャミン・ブリテン - Benjamin Britten (1913-1976)

**:**
交響的組曲「グロリアーナ」 Op. 53a

Gloriana, Op. 53a (Symphonic Suite)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/89378
**:**
»  The Tournament
1.

-

**:**
»  The Lute Song
2.

-

**:**
»  Courtly Dance No. 1: March
3.

-

**:**
»  Courtly Dance No. 2: Coranto
4.

-

**:**
»  Courtly Dance No. 3: Pavane
5.

-

**:**
»  Courtly Dance No. 4: Morris Dance
6.

-

**:**
»  Courtly Dance No. 5: Galliard
7.

-

**:**
»  Courtly Dance No. 6: Lavolta
8.

-

**:**
»  Courtly Dance No. 7: March
9.

-

**:**
»  Gloriana Moritura
10.

-

 
**:**
4つの海の間奏曲 Op. 33a

4 Sea Interludes, Op. 33a

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/89379
**:**
»  I. Dawn
11.

-

**:**
»  II. Sunday Morning
12.

-

**:**
»  III. Moonlight
13.

-

**:**
»  IV. Storm
14.

-

 
**:**
パッサカリア Op. 33b
15.

Passacaglia, Op. 33b

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/89380
 
**:**
シンフォニア・ダ・レクイエム Op. 20

Sinfonia da Requiem, Op. 20

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/89381
**:**
»  I. Lacrymosa
16.

-

**:**
»  II. Dies Irae
17.

-

**:**
»  III. Requiem Aeternam
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 山尾敦史 投稿日:2008/08/28
ショスタコーヴィチをはじめとする音楽家たちからも敬愛されたイギリスの作曲家ブリテン。代表作の社会派オペラ「ピーター・グライムズ」から間奏曲を集めた「4つの海の間奏曲」、日本の皇紀2600年(1940年)を記念して委嘱されながら演奏されなかった「シンフォニア・ダ・レクイエム」、そしてあのポール・マッカートニーもお気に入りのオペラから交響組曲を。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
当盤に収録の3つの管弦楽曲は、性格の違いこそあれ、いずれもブリテンが持てる才能を遺憾なく発揮した秀作です。作曲時期が最も早いのは「シンフォニア・ダ・レクィエム」。自らの両親と、ヨーロッパにおける戦争の犠牲者たちとに捧げる渾身の音楽で、陰鬱一辺倒ではないところがミソ。彼の全作品中でも屈指の感動的な名作です。傑作オペラ「ピーター・グライムズ」から改編した「4つの海の間奏曲とパッサカリア」は、オペラを知らなくても十二分に楽しめる色彩感。これも原曲がオペラの交響組曲「グローリアーナ」はエリザベス王朝の絵巻物の趣き。指揮はブリテン演奏の第一人者ベッドフォード。コリンズ・レーベルの再発売盤です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。