ホーム > アルバム > 8.557199 ブリテン:セレナード Op. 31/夜想曲 Op. 60/カンタータ「フェドーラ」 Op. 93 (ラングリッジ/ロイド/マレイ/イギリス室内管/ベッドフォード)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557199
CD発売時期
2004年12月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
ベンジャミン・ブリテン Benjamin Britten
作詞家
ウィルフレッド・オーウェン Wilfred Owen , ジョン・キーツ John Keats , サミュエル・テイラー・コールリッジ Samuel Taylor Coleridge , チャールズ・コットン Charles Cotton , ウィリアム・シェイクスピア William Shakespeare , パーシー・ビッシュ・シェリー Percy Bysshe Shelley , ベン・ジョンソン Ben Jonson , アルフレッド・テニスン Alfred Tennyson , 不詳 Anonymous , ウィリアム・ブレイク William Blake , トーマス・ミドルトン Thomas Middleton , ウィリアム・ワーズワース William Wordsworth , Robert Lowell
アーティスト
イギリス室内管弦楽団 English Chamber Orchestra , ノーザン・シンフォニア Northern Sinfonia , スチュアート・ベッドフォード Steuart Bedford , アン・マレイ Ann Murray , フィリップ・ラングリッジ Philip Langridge , フランク・ロイド Frank Lloyd

ブリテン:セレナード Op. 31/夜想曲 Op. 60/カンタータ「フェドーラ」 Op. 93 (ラングリッジ/ロイド/マレイ/イギリス室内管/ベッドフォード)

BRITTEN, B.: Serenade for Tenor, Horn, and Strings, Op. 31 / Nocturne, Op. 60 / Phaedra, Op. 93

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557199

全トラック選択/解除

ベンジャミン・ブリテン - Benjamin Britten (1913-1976)

**:**
テノール、 ホルンと弦楽のためのセレナード Op. 31

Serenade for Tenor, Horn and Strings, Op. 31

録音: July 1994, Henry Wood Hall, London / St. Nicholas, Newcastle
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/73790
**:**
»  Prologue
1.

-

**:**
»  Pastoral
2.

-

**:**
»  Nocturne
3.

-

**:**
»  Elegy
4.

-

**:**
»  Dirge
5.

-

**:**
»  Hymn
6.

-

**:**
»  Sonnet
7.

-

**:**
»  Epilogue (off stage)
8.

-

 
**:**
夜想曲 Op. 60

Nocturne, Op. 60

録音: July 1994, Henry Wood Hall, London / St. Nicholas, Newcastle
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/73791
**:**
»  On a poet's lips I slept
9.

-

**:**
»  Below the thunders of the upper deep
10.

-

**:**
»  Encintured with a twine of leaves
11.

-

**:**
»  Midnight's bell goes ting, ting, ting, ting
12.

-

**:**
»  But that night when on my bed I lay
13.

-

**:**
»  She sleeps on soft, last breaths; but no ghost looms
14.

-

**:**
»  What is more gentle than a wind in summer?
15.

-

**:**
»  When most I wink, then do mine eyes best see
16.

-

 
**:**
カンタータ 「フェドーラ」 Op. 93

Phaedra, Op. 93

録音: July 1994, Henry Wood Hall, London / St. Nicholas, Newcastle
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/73792
**:**
»  Prologue - In May, in brilliant Athens
17.

-

**:**
»  My lost and dazzled eyes
18.

-

**:**
»  Venus resigned her altar to my new Lord
19.

-

**:**
»  Phaedra in all her madness stands before you
20.

-

**:**
»  The wife of Theseus loves Hippolytus
21.

-

**:**
»  Oh Gods of wrath
22.

-

**:**
»  Death to the unhappy's no catastrophe
23.

-

**:**
»  My time's too short, your highness
24.

-

**:**
»  Chills already dart along my boiling veins
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ブリテンに声楽曲の名曲は数あれど、聴き逃すことはできない二大名曲を収録しました。「セレナード」と「ノクターン」がそれで、共にテノールがソロを歌います。両作とも決してとっつきやすい作品ではありませんが、聴き込むほどに、ブリテンの才能の奥深さに魅了されていくから不思議。楽器編成の妙には感嘆するよりありません。「パイドラ」はメゾ・ソプラノのためのドラマティック・カンタータで、作曲家の死の前年に完成され、名歌手ジャネット・ベイカーが当盤と同じくベッドフォードの棒の下で初演しました。コリンズ・レーベルの再発売盤です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。