ホーム > アルバム > 8.557207 スペインとポルトガルの管弦楽作品集(アルガルベ管/カッスート)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557207
CD発売時期
2003年10月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
フアン・クリソストモ・デ・アリアーガ Juan Crisóstomo de Arriaga , ジョアン・デ・ソウサ・カルヴァーリョ João de Sousa Carvalho , カルロス・デ・セイシャス Carlos de Seixas , マルコス・アントニオ・ポルトゥガル Marcos Antonio Portugal , Antonio Leal Moreira
アーティスト
アルガルベ管弦楽団 Algarve Orchestra , アルヴァロ・カッスート Álvaro Cassuto

スペインとポルトガルの管弦楽作品集(アルガルベ管/カッスート)

Spanish and Portuguese Orchestral Music

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557207

全トラック選択/解除

フアン・クリソストモ・デ・アリアーガ - Juan Crisóstomo de Arriaga (1806-1826)

**:**
序曲「幸福な奴隷たち」
1.

Los esclavos felices: Overture

録音: 21 May 2002, Igreja do Carmo, Tavira, Potugal
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40138
 
**:**
交響曲 ニ長調

Symphony in D Major

録音: 16-22 September 2002, University of Algarve, Tavira, Portugal
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40139
**:**
»  I Adagio - Allegro vivace
2.

-

**:**
»  II Andante
3.

-

**:**
»  III Minuetto
4.

-

**:**
»  IV Allegro con moto
5.

-

カルロス・デ・セイシャス - Carlos de Seixas (1704-1742)

**:**
シンフォニア 変ロ長調

Sinfonia in B-Flat Major

録音: 16-22 September 2002, University of Algarve, Tavira, Portugal
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40140
**:**
»  I Allegro
6.

-

**:**
»  II Adagio
7.

-

**:**
»  III Minuet: Allegro
8.

-

ジョアン・デ・ソウサ・カルヴァーリョ - João de Sousa Carvalho (1745-1800)

**:**
L'amore industrioso: Overture

録音: 16-22 September 2002, University of Algarve, Tavira, Portugal
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40141
**:**
»  I Allegro con spirito
9.

-

**:**
»  II Andantino con moto
10.

-

**:**
»  III Allegro spiritoso
11.

-

Antonio Leal Moreira (1758-1819)

**:**
シンフォニア
12.

Sinfonia

録音: 16-22 September 2002, University of Algarve, Tavira, Portugal
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40142

マルコス・アントニオ・ポルトゥガル - Marcos Antonio Portugal (1762-1830)

**:**
歌劇「アルバ公爵」 - 序曲
13.

Il Duca di Foix: Overture

録音: 16-22 September 2002, University of Algarve, Tavira, Portugal
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40143
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
18~19世紀にかけての、スペインとポルトガルのオーケストラ作品集で、それぞれがバロック後期から古典を経てロマン派の芽生えの時期という、時代相応の響きを持っていますが、中でも特筆大書すべきは「スペインのモーツァルト」とも称せられる、アリアーガの作品の素晴らしさです。僅か20年でその生涯の幕を下ろしてしまった夭逝の天才ですが、その音楽からは、まさに選ばれし者のみが纏うこのできる、まばゆい輝きが感じられます。特に長調の持つ輝かしさと、短調のデモーニッシュさの両者を巧みにブレンドした交響曲が聴かせる、ドラマチックな展開には息を呑む思いがします。「幸福な奴隷」の洗練された美しさもまた格別で、聴けば聴くほどこの作曲家の早世が惜しまれてなりません!

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。