ホーム > アルバム > 8.557229 シャルパンティエ:真夜中のミサ曲/テ・デウム(アラディア・アンサンブル/マロン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.557229
CD発売時期
2003年11月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
マルク=アントワーヌ・シャルパンティエ Marc-Antoine Charpentier
作詞家
旧約聖書 Bible - Old Testament , 不詳 Anonymous , ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
ジェイン・アーチボルド Jane Archibald , アラディア・アンサンブル Aradia Ensemble , コリン・エインスワース Colin Ainsworth , ジルズ・トムキンズ Giles Tomkins , マリオン・ニューマン Marion Newman , デイヴィッド・ノートマン David Nortman , ジェイムズ・マクレナン James McLennan , ケヴィン・マロン Kevin Mallon , アンヌ・レスペランス Anne L'Esperance , Michele de Boer , Estaban Cambre , Nancy Reynolds

シャルパンティエ:真夜中のミサ曲/テ・デウム(アラディア・アンサンブル/マロン)

CHARPENTIER, M.-A.: Messe de Minuit pour Noel / Te Deum (Aradia Ensemble, Mallon)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.557229

全トラック選択/解除

マルク=アントワーヌ・シャルパンティエ - Marc-Antoine Charpentier (1643-1704)

**:**
テ・デウム H. 146
1.

Te Deum, H. 146

録音: 03 - 06 January 2003, Grace Church on the Hill, Toronto, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40358
 
**:**
詩篇第109番 「主は言われた(ディキシット・ドミヌス)」
2.

Dixit Dominus, H. 204

録音: 03 - 06 January 2003, Grace Church on the Hill, Toronto, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40359
 
**:**
真夜中のミサ曲 H. 9

Messe de Minuit pour Noel, H. 9

録音: 3 - 6 January 2003, Grace Church on the Hill, Toronto, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40360
**:**
»  (Kyrie) Noel: Joseph est bien marie - Kyrie eleison - Noel: Et sy je la revoy - Christe eleison - Une jeune pucelle - Kyrie eleison
3.

-

**:**
»  Gloria
4.

-

**:**
»  Credo
5.

-

**:**
»  Noel: Laissez paitre vos betes
6.

-

**:**
»  Sanctus and Benedictus
7.

-

**:**
»  Agnus Dei
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
バッハ以前の音楽の中で、シャルパンティエに特別な愛着を感じているという人も多いことでしょう。なぜか、それは「テ・デウム」と「真夜中のミサ曲」を聴けばわかります。「テ・デウム」の輝かしい冒頭は、聴けばあの曲とわかる有名なものです。当演奏では、その名旋律の前のティンパニ連打が実に効果的。クリスマスの名曲として名高い「真夜中のミサ曲」は、名声のみ高く、その割りにディスクがなかなか見当たらないのですが、この時代の音楽をやらせたら、今や世界で最も美しく奏でることができるアレイディア・アンサンブルの演奏で聴けるとは!シャルパンティエの最強の入門盤でもあり、聴き比べにも申し分のない内容です。
レビュアー: baobab 投稿日:2011/08/12
テ・デウムは、「あれ、ちがう曲?」と思うほど特徴的なティンパニーソロで始まりますが、トランペットとの躍動感あふれるコンビがほんっとにいい仕事しています。 モーリス・アンドレのすばらしいトランペットがリードするOVC-8075と聴き比べると、両方の良さが楽しめます。 真夜中のミサ曲のキリエは、映画「サスペリア」のテーマ曲と似ていませんか?もちろん、映画の方は怖い怖い仕上がりですけれど。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。